春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

ランチに話題にしたいこと

~アップデートできるもの~

先日、職場のスッタフ(26歳)と私(44歳)と、私たち二人の恩師(66歳)の3人でランチをしました。

 

この3人だけで会うのは初めてで、とても楽しい時間になりました。

f:id:hazukiken:20200117075932j:plain

食事はコースのため2時間ほどかけてゆっくりといただき、その後もコーヒーとデザートで1時間ほど、合計3時間もおしゃべりしていました。

 

あっという間に過ぎたほど楽しい時間だったわけですが、思うことがありました。

 

3時間のほとんどは恩師の昔話でした。

さかのぼって30年も前の話まであり、若いスタッフが生まれる前の話です。

 

その話は、自慢話ではない武勇伝というのでしょうか、苦労したことを面白おかしく話してくれるのです。

私たちは「へ~!!」と楽しく聞いていました。

 

ですが帰り道に振り返ると、

心に残るシーンはごくわずかでした。

f:id:hazukiken:20200117075914j:plain

メインの魚料理が美味しかった。

デザートがブッフェだった。

恩師の軽快なトークに、若々しさを感じた。

 

ということが心に残り、肝心の話の内容は覚えていますが印象が薄いのです。

 

それは会話の中に、新しい情報や気づきがないからだと思います。

 

年代の違う若いスタッフや恩師が、最近思うことや取り組んでいること、そしてこれからやろうとしていることの話が聞きたかった。

f:id:hazukiken:20200117083741j:plain
懐かしい人と久しぶりに話すとき、初めてご一緒する相手とゆっくり話すとき、

お互いを知るためにこれまでの話をすることも必要です。

その中から得ることもあります。

 

それに加えて、今、そしてこの先の未来の事を話すことも必要なんだと感じました。

 

それはお互いに自分の持っている情報や想い(考え方)の中から、相手に役立ちそうなものを選んで話題にします。

その話にまつわるトークが展開されたとき、お互いがアップデートされるわけです。

 

限られた時間の中で、考えさせられたり、心が揺さぶられたりすると、その人との関係はより深いものになり、相手を通して新しい自分を見つけることができる。

うまく言葉にできませんが、私はそう思います。

8時だヨ!って知っていますか?

~貴重な子ども向けお笑い番組~

娘が昨年末からハマりにはまっているテレビ番組があります。

それは「8時だヨ!全員集合」です。

f:id:hazukiken:20200116174046j:plain
(以下、Wikipediaより引用あり) 

「8時だヨ!全員集合」は、1969年10月4日から1985年9月28日まで全803回放送されました。

40歳くらい以上の方なら誰もが知る長寿番組ですね。

 

最盛期には40% - 50%の視聴率を稼ぎ、「お化け番組」「怪物番組」と呼ばれました。

 

放映されていた当時は、毎週土曜の夜8時になると、子どもたちがテレビの前に集合したものです。

いかりやさんがカメラに向かって大きく指を差しだし「8時だョ!」と掛け声をかける。このオープニングにワクワクしました。

 

ザ・ドリフターズの5人が繰り広げるコントが、幼かった私もほんとうに楽しかったことを覚えています。

 

今ではとても考えられないことですが、毎週各地の劇場・ホールで公開生放送あるいは公開録画を開催していたんですね。

ですからCMになる際には、いかりやさんもしくはコントの出演者がカメラに向かって「はい、コマーシャル!」と言うんです。

 

と、昔を懐かしんでいるとキリがないので本題です。

f:id:hazukiken:20200116174249j:plain

ふとYou Tubeに上がってきたこの番組を見た娘は、一目で釘付けになりました。

とくに志村けんさんセリフや動きが楽しいようで、完コピの娘です。

 

令和の時代にひげダンスをして喜んでいる小学生を見るとは!!

その姿はまさに、40年前の私です。笑

 

昨今はテレビ離れの時代ですが、大人も子どもも幼児も楽しめる、そんな「8時だヨ!全員集合」のような番組はいいな~と懐かしみながら娘と一緒に番組を見ました。 

でもこの番組、大人になってから見ると驚きの内容です。

 

相手に対して、頭や頬を叩く、こっぴどく怒鳴る、バケツの水をかけるといった、今のテレビ番組では見られない光景が次々と展開されます。

子どもが見たら大人たちが大真面目にそんなことをやっているんですから面白いんでしょうが、中には、

 

ギロチンのセット、人形の頭を切り落とす、ストリップの話など、子どもにはとても見せられない内容もあるのです。

いかりやさんはインタビューで「決して子供向けの番組にしたつもりはない」と述べていますが、実際は子どもに大人気だったわけです。

 

ということで、いかがわしい内容も多々あるわけですが、

私が子どもの頃は、学校でも志村さんの真似をして友達を笑わせようとする子がたくさんいました。アホなことが面白いんですよね。

今はそういったお笑い路線の子は少ないように思えて、ちょっぴり残念でもあります。(関西エリアは違うと思いますが。笑)

 

若い方でこの番組をご存じない方は、ぜひYou Tubeで見てみてください。新しい発見があるかもしれません♪

  

余談

お正月番組の「芸能人格付けチェック」に出演されていた志村けんさんを見た娘は、

「しむらのおじいちゃんだ!」と嬉しそうでした。^ - ^

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ