春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

発達障がい

夫もADHDらしい②

~環境があれば障がいはなくなる~ 先日に続き、娘と夫は同じタイプのADHDだとわかった話しの続きです。 www.hazukiken.work 夫にはADHDの特徴がいくつかありますが、それらは2種類に分かれます。 ひとつは、今も続いている症状。 返事をしていても話は耳に…

夫もADHDらしい①

~娘と夫は同じ障がい~ 発達障害の娘が最近、自閉症スぺクトラムに加えてADHDの診断が付きました。その時のことを綴ったブログがこちらです。 www.hazukiken.work ADHDの診断が付いた今年の7月の時は、医師の診断に少し疑問を残していました。しかし今は大…

イジメの種を発見

~大人の知らない子どもの世界~ 娘と保育園が同じで小学校は別になったお友達と、久しぶりに一緒に出掛けた時の出来事です。 久しぶりに会うさきちゃんは変わらない笑顔でした。少し背が伸びて髪はとても伸びて、さらに女の子らしくなっていました。 お互い…

娘の算数障害を疑う

〜算数を嫌いにならないように〜 小学1年生の娘は学校の授業で初めて時計の読み方の勉強をしました。そして先生から、理解できていない部分があるという話がありました。 まず驚いたのが、「○○時」と「○○時半」の勉強は1時限で終了だということ。次は3学期に…

発達検査WISC-Ⅳの良さ

~一番の理解者として~ 娘が初めて「WISC-Ⅳ(ウィスク・フォー)」を受けました。これまでは「田中ビネー」を受けており、どちらも世界で広く利用されている代表的な児童用知能検査です。田中ビネーの対象年齢は2歳からですが、WISC-Ⅳは5歳からなので、今…

ADHDの子の将来

~本来の能力を大切に~ 先日に続き、ADHDについてそれから私が調べたことをまとめます。 ADHDは発達障がいの一種で、学齢期の3〜7%の頻度でいるという珍しくない障がいです。珍しくないのに、本人も周囲も気づいていないケースも多いという不思議な症状で…

ADHDの診断に納得しつつ疑問

~そうだけど、そうなのか?~ 6歳の娘が担当医から「ADHD」と言われました。これまでの発達障害の経緯を簡単にまとめます。 ・3歳:「自閉症スペクトラム」の診断が付く。言葉の発達の遅れと対人関係の苦手さがあるため。 ・4歳:診断名が「発達遅滞」に変…

子供の能力と通知表はリンクしない

〜夫の一言にハッとする〜 娘が初めての通知表をもらってきました。夏休みが早く始まるエリアに住んでいるので、昨日から夏休みです。 通知表の書式は地域や学年によって様々あるそうですが、娘はABC判定でした。ひとつの教科に項目が3〜4つあり細かく評価さ…

子どもの特性を理解して伸ばす

~療育は子育て全般に言える~ 娘が通っている療育の事業所から勉強会の案内をいただきました。その内容がとても良いので、シェアしたいと思います。 これらは障がいを持った子どもだけでなく、健常者(定型発達)の子どもにも当てはまることだと思います。 …

普通級についていけるかどうか

~5歳から6歳の成長ぶり~ 娘の小学校で、春に入学してから2度目の授業参観がありました。 www.hazukiken.work 前回の初めての時は、娘も私もパパも、みんなでドキドキしていました。でも今回はみんなで慣れたもので、特に変わったこともなく、面白ろエピソ…

発達検査の結果、小学校での位置

~検査結果から見えること~ *発達検査の種類 *検査結果 *小学校のクラス位置 *まとめ *発達検査の種類 娘は発達の遅れが見られた2歳から、定期的に2種類の発達検査をしています。 ①田中ビネー:IQ(知能指数)=知的能力(認知機能)を数値化したも…

命の大切さを教えてくれる男の子

~成長に必要なこと~ 今日はお友達のお子さんの、4歳の男の子の話です。 彼は妊娠6ヶ月の時に超未熟児で産まれました。これまで何度も医師から命の危険を知らされながらも、今は元気に過ごしている。そんなたくましいコウタロウくんです。 これまでの経緯 …

発達障害児が苦手を克服した一年を振り返る

~経験が成長を促す~ 今日は娘のこの一年を振り返ってみたいと思います。 結果から言うと、「自閉症スペクトラム」「発達遅滞」これらの診断名が取れたので、その具体的な経緯です。 2018年1月 ソリ限定のゲレンデで、ソリ遊びを覚えました。 顔が濡れるこ…

支援級か普通級か。専門家より母の思い。

~一番の理解者は母~ 今年も残り1か月を切りました。 発達遅滞や発達障がいのあるお子さんを育てているご両親は、来年度の入学や進級の進路について、普通級か支援級か、支援学校か、どうするかの結論を出す時期です。 今日はそのことについて、やっと結論を…

発達検査・ビネーの内容と結果

~6歳の問題が難しい~ 娘が「田中ビネー」の発達検査を受けました。 毎年受けているもので、30~40分、座って検査員が出す問題に答えていきます。 娘は今6歳なので、4歳~6歳の問題が出されました。 この、6歳の問題がとても難しいと思ったので、一例をご紹…

自閉症の診断が取れた経緯

~診断がつくかどうかの分かれめ~ 先日の記事にはたくさんのアクセスをいただいたので、もう少し詳しく書こうと思います。 www.hazukiken.work 娘が1歳半の時、市の健診で発達が遅いことを指摘されたのが始まりです。 すぐに総合病院へ行き、経過観察が始ま…

自閉症の診断が取れました。

~グレーゾーンで生きていくには~ 娘の主治医より、「もう診断は取れていいと思います。」と言われました。 その経緯と、これからのことをまとめたいと思います。 自閉症スペクトラムとは 早期療育の大切さ これからのこと 自閉症スペクトラムとは 最初に、…

ヘルプカードについて

~親しまれることを願って~ 私の住む自治体でも配布が始まった「ヘルプカード」。 これについて少し思うことがある。 ウィキペディアには、 「援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、 周りに配慮を必要なことを知らせることで、 援助…

発達障害の偏見

~好きなことをさせてあげる環境を~ headlines.yahoo.co.jp 「大人の発達障害」の体験談はいくつも読んだけど、この記事はとても私の胸に響いた。 勝手に抜粋させていただきます。 ・「困った子がいるの。たぶん…」発達障害だと思うんだよね、というときは…

子供の苦手はどこまで助けるか

~「障害者差別解消法」について~ 今日は珍しくまじめな話。 2016年4月に施工された「障害者差別解消法」。 内閣府では、 「全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、 相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、 障害…

歯科治療の「笑気麻酔」「シーラント」とは

~痛くない・怖くない~ 娘が初めて治療のために歯医者を訪れてから、3か月近くが経過した。 www.hazukiken.work 発達障害の知識のある歯科医を尋ねたので、 発達検査をしてから、実際に虫歯を治療する前に、 歯医者に慣れて、怖がらなくなるまで何度でも練…

普通級と支援級を比べる

~グレーの子はどうやって選んだらいいの?~ 来春に入学予定の小学校の公開日があり、家族三人で出向いた。 これまでに、お祭りで校庭に遊びに行ったことはあったが、校舎の中に入るのは初めて。 娘は自分が小学生になることは理解しているようで、 「ラン…

成長を促す、友達の絆

~大好きなお友達のおかげ~ 保育参観へ行ってきた。 毎年この時期にあり、昨年も心配しながら見に行ったのをよく覚えている。 なにが心配かというと・・・ 娘は言葉の発達が遅く聞く力も定型発達の子より弱いため、 先生の口頭指示がなかなか耳に入らない。…

発達検査から見えること

~検査では見えないこと~ 娘は毎年4月に「新版K式」という発達検査を受けている。 今回の結果は、 ・認知、適応 78 ・言語、社会 76 ・総合 77 (年齢平均を100とした発達指数) 発達の度合いの年齢は、4歳2カ月。 実際の年齢は、5歳7カ月。(約1歳半の遅…

幼児が安心して治療ができる歯科

~歯医者はこわくない♪~ 娘に初期の虫歯が1本できた。 娘はとにかく怖がりで、そんな子を歯医者へ連れて行くのが面倒で、 保育園で年に2回行われる歯科検診しかしてこなかった。 そしてその歯科検診で、「未治療歯 1本」と診断された。 「こども歯科」とい…

子育てを終えて思うこと

~愛情の大切さ~ 先輩ママから素晴らしい話を聞いた。 娘さんが今春に社会人。 それまでの子育てを振り返る中で・・・ 発達障害、というほどではないけれど、グレー。 そんな娘さんをどう育てようか。悩むことばかり。 周囲の人たちから、「皆に愛される子…

療育は治療ではなく、共感。

~療育で子育てを学ぶ~ 娘がお世話になっている療育の先生とは、色々な話をします。 その中で、私が忘れないでおきたいと思う言葉があった。 「療育は治療ではなく、共感だと思っています。」 なんて温かい言葉だろう。 療育とは、 障害のある子どもの発達…

障害、という名前が障害

~友達好きでも自閉症~ 娘は1歳半からずっと、定期的に診察をしてもらっている。 発達障害の専門医にお世話になっています。 3歳で「自閉症スペクトラム」の診断が付き、 4歳で「発達遅滞」と変わり、 今回5歳でまた「自閉症スペクトラム」の診断が改めて付…

発達障害、子供には無関係

~知識はいらない~ 娘は少し発達遅滞ですが、定型発達の児童と一緒に保育園生活をしています。 先日我が家で、自閉症スペクトラムの男の子と遊びました。 娘はその男の子が大好きです。 男の子も、娘と一緒に遊ぶことを楽しみにして、来てくれました。 ママ…

苦手も個性、それでいい。

~先生と親は違う~ いつもより長いブログです。 アスペルガー症候群の7歳の息子さんを持つお母さんが、こんな話をしてくれました。 「うちの子は普通級にいるんだけどさ、授業を見に行くとね、他にもチラホラいるよ。 障害やグレーの子。親御さんは気づいて…

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ