春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

やさしくて深い話の絵本

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~日本現代作家の可愛い絵本~

語り継がれる世界の名作童話には、

素晴らしいいお話がたくさんありますが、

まだ5歳の娘には、お国柄の違いや時代背景などが理解できないことも多々あります。

「隣の国と戦争になり、たくさんの兵隊が・・・」

などはピンときません。

 

そんな小さな女の子が、よく理解できる絵本を2冊ご紹介します。

初めに・・・

 

f:id:hazukiken:20171023133757j:plain

www.amazon.co.jp

作者の藤田美奈子さんは1984年生まれ。

2017年初版の新しい絵本です。

 

f:id:hazukiken:20171023133713j:plain

 

ページを開くと、見開きいっぱいに水彩画のような

優しくて美しい絵が広がります。

ページごとに、黄・青・緑と色の違う世界が広がっていきます。

 

お話の内容は、

たくさんの小箱を次々と開けて、

箱の中の世界を楽しむ女の子のお話。

小さな箱の中には、大きくて楽しい世界が。

 

 

続いては・・・

f:id:hazukiken:20171023133836j:plain

www.amazon.co.jp

作者のそうだ ゆうさんは1976年生まれ。

2014年初版の、こちらも新しい絵本です。

 

f:id:hazukiken:20171023133631j:plain

 

ふらちゃ、とは「フラワーチャイルド」のこと。

花の子供に姿を変えて舞い降りた、天使です。

頭にひとりずつ違うお花を咲かせて、

一人ひとり、違っているのがいいんだよ。

と、うるうるの大きな目が語りかけてくれます。

 

 

f:id:hazukiken:20171022141938p:plain

 

子供は、まず絵に興味を持って、それから文章を読みます。

この2冊は絵がとても魅力的です。

そしてお話の内容に深いメッセージがあり、何度も読み返したくなります。

 

 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ