春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

コウノドリを見て思い出す事

~たいせつなこと~

テレビをほとんど見ない私が、強烈にハマっているドラマ「コウノドリ」。

毎回、妊婦さんと一緒に泣いています。

出産シーンはリアルすぎて、経産婦は平気だけど、

そうでない人は大丈夫なのかな・・・?

でも、どんな人にも見てほしいドラマです。

 

www.tbs.co.jp

f:id:hazukiken:20171028201458p:plain

 

今日は自身の話ですみません。

 

私は一人目を37歳で出産し、続けて二人目を目指しました。

生理周期は常にキッチリ決まっていて、

一人目の時は子作りを始めてわずか2カ月目で懐妊。

妊娠も出産も全く問題なく、

心配ごとも苦労もない、いたって健康のままの安産でした。

 

けど、産後1年半で断乳しても生理がこない。

早く二人目を授かりたくて病院に相談。

排卵誘発剤」を服用し何度も人工的に生理を起こさせても、自分で排卵しての生理がこない。

 

不妊治療を視野に入れ、(これには夫婦間で長い話し合いが必要でした。

予め、どこまで、いつまでやるのかを決めた方が良い。というアドバイスを本で読み、ゴール設定にかなり悩みました。)

そして、専門の病院で血液検査をしてもらったところ・・・

 

「閉経しています。」 とのこと。

 

これまでの人生で、この時ほど頭の中を殴られたような感覚はなかった。

 これまで健康面には恵まれてきた。自分にそんな事が起こるなんて・・・

人工授精まではしよう、体外受精はやらない方向で行こう。

などど夫婦でたくさん話し合ったのに・・・

 

どうしても受け入れられずネットで色々調べ、

AMH検査(あとどれくらい卵があるかを調べるもの)があることを知り、

さっそく検査を実施している病院へ。

 

後日、結果が郵送され・・・・

 

「0.001%」と書かれてあった。

 

これで現実を受け入れた。

このときすでに、メンタルはだいぶ疲れてしまっていた。

 

閉経の平均年齢は50歳。

だがその年齢には幅がある。

女性は生まれる前から卵のもととなる原始卵胞を持っていて、

生まれた時にはすでにその多くを失い、約200万個になっている。

その後、思春期には約20~30万個へと減少し、

その後は1ヵ月に約1000個がなくなっていく。

よって、卵が尽きる閉経の年齢には幅があり、早い人では35歳という。

 

私には不妊治療を考える余地もなく、二人目は諦める。という道しかなかった。

その時期は、仲良くしていたママ友に二人目ができたり、

大事に取っておいたベビー用品を処分することで気持ちを整理させたりと、

何をしていても辛かった。

 

でも、大切なことに気が付いた。

 

「生まれた娘は、わたしの最後の卵だったんだ。」

 

f:id:hazukiken:20171028173658p:plain

 

わたしが出産できた最初で最後の子供が、

元気に生まれてきてくれて、ほんとうに良かった。

 

f:id:hazukiken:20171028201607p:plain

 

人生にはふいに、思いもよらないことが起こる。

自分ではどうしようもないことが。

だからこそ、大切なことが見えてくる。

 

命をつなぐこと。

大切な人を守ること。

自分にできることを、精一杯やっていこう。

 

そんなことを想いながらこのドラマを見ています。

いろんな状況の方に見てもらいたいなぁと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ