春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

虹の上を歩きたい

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~子供の世界〜

晴天に恵まれた先週末の連休は、公園をはしごして遊んでいました。

その移動中に、とっても綺麗な虹に出会いました!

 

f:id:hazukiken:20171106135741j:plain

虹がこんなにしっかりと180度見られたことに感動!

思わず車を停めて動画も撮影しました。

 

その時娘が、「あそこの雲に登って、虹の上を歩きたい。」

と可愛いらしいことを、本気で言います。

真面目に、今から行きたいと言うのです。

そりゃそうでしょう。絵本では子供たちが虹の上を歩いていますから。

 

「遠いから行けないよ~。」などどごまかしているうちに、

虹は消えてしまいました。

娘は「なんで虹さんいなくなったの~? 歩きたかった~!」

とブーイング。

それに対して、娘が納得できる説明ができない母・・・。

 

最近こういうことが増えています。

いきなり「雪だるま作りたい。」とか、

「お空にお絵かきしたい。」とか言い出すのです。

 

f:id:hazukiken:20171107125412p:plain

ほんとうに困る。

頭の固い母には、スマートな回答が浮かびません。

「冬になったら作ろうね。」

「お絵かきね、できたらいいね。」

などと曖昧に返事をすると、

「早くやろ~よ。」と言ってきます。

 

保育士さんなら上手に説明できるのかな?

「夕焼けはどうして赤いの?」

「虹はどこに行ったの?」

日常の「なんで?」に対して、ちょっとイライラすることも。

うまく説明できない自分にイライラしてしまうなんて、情けない・・・。

 

子供が納得できて、間違っていない答えとは?

いや、子供が納得できれば正しくなくても良いのかも。

だってサンタさんだっているんだし。

 正しく説明したら、絵本で虹を歩いている子供たちが間違いになってしまう。

 

絵本と現実は別なんだと理解できるまでは、空想の世界を膨らませてあげても良いのかも。

 いづれ空想だとわかる時が来るのだから。

無理難題のリクエストには、イライラしないで、空想の世界で物語を作って答えてみることにしよう♫

 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ