春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

寝相が悪いのは元気!

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~ありえない状況~

子供は寝相が悪いもの。

寝返りは多い方が健康。

ということはわかっているけど、昨夜はありえない状況が起こりました。

f:id:hazukiken:20171124105136j:plain

 (絵心の無さは、どうかスルーしてください。泣)

 

ダブルベットを部屋のコーナーにくっつけて、

壁側に娘を寝かせて、私とふたりで寝ています。

 

草木も眠る丑三つ時・・・  ドスン!と鈍い音がして、

娘がなぜか床に落ちました。

私の上を這って行った、私の記憶はない。

ベットの足元にはジャングルジムがあって落ちない。

だいたい羽毛布団はふかふかで、布団が乱れずに床側まで移動するとは・・・・・

 ??????

 

私を飛び越えた? 浮遊した? ワープした?

 

そもそもなぜこんなに寝相が悪いのか、調べてみました。

 

f:id:hazukiken:20171024102242p:plain

 

人間の睡眠は、

浅い眠り=レム睡眠(体は休んでいるけど、脳は活発に動いている状態。夢を見る。)

深い眠り=ノンレム睡眠(脳も体も休んでいる熟睡状態。)

この二つが繰り返されますが、

レム睡眠が、大人より子供の方が長いのです。

その間は寝返りが起こりやすく、寝ている位置もずれてくる。

 

次に、子供が睡眠中に多く出される成長ホルモン

これが分泌されている間は体の表面がとても暑く感じる為、

少しでも涼しいところへと転がっていったり、布団を蹴飛ばしたりするのです。

 

そして体の筋肉を十分にほぐすために、日々成長する骨を矯正するために、寝返りは必要なのです。

以上のことから、

心も体もすくすくと成長しているからこその寝相の悪さなんです。

子供の方が熟睡度が高いので、ゆっくりと脳と体を休めている間は、

姿勢を自己コントロールすることはできないんですね。

たとえどんな姿勢で寝ていても、矯正する必要もないそうです。

 

f:id:hazukiken:20171124103649j:plain

 

これからもどんな寝相が見られるかと、楽しみでもある♫

 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ