春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

幼児の解熱方

~医者によって治療法も様々〜

一昨日のことです。

朝はいつものように元気に保育園へ行きました。

その3時間後の12時過ぎに、「9度2分の熱があります。」と電話がありました。

娘が発熱するのは、半期に一度あるかないか…

びっくりして迎えに行き、夕方の診察で病院へ。

 

ここ3週間ほど鼻水と咳が続いていた。

病院の処方薬を飲みながら元気だったので、さほど心配してなかったけど、症状は全く良くなっていない。

それがいけなかったのかな・・・?

などと不安になったこともあって、病院を変えてみました。

 

f:id:hazukiken:20171129120746p:plain

 

すると、それまで3週間飲んでいた抗生物質が処方されず、

鼻水と咳止めと、気管支を広げて呼吸しやすくするお薬だけ。

 

ええ?  9度越えで、抗生物質なし?!

 

坐薬の解熱剤はもらったものの、根本的には自力で治す治療法に驚いた。

発熱するのは、病原体を熱でやっつける為。なのは知っているけれど、大丈夫なのかな?

 

と不安なまま夜に・・・

夜は熱が上がっていくことが多いので、夜中も何度かおでこを触って様子をみていたら、

なんと、明け方にはスッキリ熱が下がったのです!!

解熱剤は使わず自力で乗り越えました!

 

一夜明けた昨日は疲れたようでお昼まで寝ていたけど、

午後にはすっかり元気になり、公園に行きたい。と言いだすほど。

長く続いていた鼻水も咳も治まっていた。

 

f:id:hazukiken:20171106114428p:plain

 

それまでのお医者様が悪いとは思いません。

内科専門で小児科は兼任の先生ですし、お薬が娘に合わなかったのかも。

今回のお医者様は小児科専門医。聴診器で胸の音を、何度も丁寧に聞いていらっしゃいました。

 

ちなみに、子供の風邪の原因のほとんどはウイルス感染です。

その数は約100種類もあります。

 

なので毎月風邪をひいたとしても、全てのウイルスの免疫ができるのに、

なんと8年以上もかかる計算になります・・・。

 

 

今回の発熱で、風邪の治し方・熱の下げ方にも、治療法はいろいろあることを勉強しました。

これからも何度も風邪はひくことでしょう。

あまり薬に頼らずできるだけ自力で治して、免疫を作っていこうと思います。

今日からまた、元気に保育園に行けました♪

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ