春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

X'masが待ち遠しい☆

~素敵な絵本と出会う~

娘に、サンタクロースって誰?クリスマスツリーって何?ということをちゃんと教えたい。

でも説明できないので、絵本を求めて図書館へ。

 

クリスマスを題材にした絵本は100冊以上あったけど、

動物がサンタになっていたり、クリスマスの面白おかしな話とか、

本来の意味を理解できる絵本は少なかった。

その中で見つけた2冊をご紹介します♫

 

 初めに、「しずかな しずかな クリスマス・イヴの ひみつ」

f:id:hazukiken:20171204120252j:plain

 

作者は神学校教授のクレメント・クラーク・ムーアさん、

絵本画家のアンジェラ・バレットさんの絵です。

 

f:id:hazukiken:20171204120616j:plain

 

クリスマスイヴの夜にトナカイに乗ってやってきたサンタクロース、

煙突から暖炉に入ってくるところで、お父さんがサンタに出会うお話。

西洋絵画のようなタッチで描かれた、優しい笑顔のサンタクロースです。

 

f:id:hazukiken:20171204121335p:plain

 

続いては、「おとうさんねずみの クリスマスイブ」

f:id:hazukiken:20171204120758j:plain

 

作者のクレメント・C・ムーアさんは大学教授で詩人です。

絵は「としょかんねずみ」シリーズの作者のダニエル・カークさん。

 

f:id:hazukiken:20171204121421j:plain
f:id:hazukiken:20171204121453j:plain

 

ねずみの家族が寝静まった夜、お父さんねずみがサンタクロースに出会うお話。

先の絵本とお話の内容はよく似ています。

 

f:id:hazukiken:20171204121335p:plain

 

娘はねずみさんの絵本の方が好みのようです。

何度も読んだ後、わたしに、

「クリスマスになったらね、サンタさんくるよ!」

「プレゼント持ってくる!」

と話してくれました。

 

そして後日スーパーで、これを買ってとせがみました。

 

f:id:hazukiken:20171204122308j:plain

 

中にお菓子が入っているブーツ?靴下?です。

お菓子にはあまり目を向けず、「この中にね、プレゼントがはいってくるよ!」と嬉しそうです。

 

絵本では暖炉に靴下を下げて、サンタクロースはその中にプレゼントを入れているから、自分も用意しようと考えたみたい。

うん、しっかり理解している!

 

チョコカレンダーが素敵☆ - 春風 夏陽 秋味 冬雪

こちらにも書いていますが、

このアドベントカレンダーのおかげでクリスマスがいつ来るのかもわかっているみたいです。

 

今年は昨年よりもずっとクリスマスを理解できて、その分、心待ちにしているようです☆

ジングルベ~ル♪ ジングルベ~ル♪

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ