春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

発達障害、子供には無関係

~知識はいらない~

娘は少し発達遅滞ですが、定型発達の児童と一緒に保育園生活をしています。

 

先日我が家で、自閉症スペクトラムの男の子と遊びました。

娘はその男の子が大好きです。

男の子も、娘と一緒に遊ぶことを楽しみにして、来てくれました。

 

ママたちはおしゃべりしながら、二人の様子を見ていました。

一緒に同じおもちゃで遊ぶことは、あまりありません。

でも、どちらかが部屋を出ると、もう一人は探しに行きます。

そして、相手が使っているおもちゃには手を出しません。

 

そうして丸一日、仲良く遊んでいました。

相手の嫌がることはしないで、お互いを気遣っているのです。

そこには、“発達障害” という概念はまったく存在しません。

同じ部屋で遊んでいることが楽しいのです。

お互いに心地よい関係で過ごしていました。

 

これって、スゴイことだと思います。

私はその男の子に接するときには、発達段階やその子が苦手なことを常に考えています。

考えないとうまく付き合えないのです。

でも子供たちは、自然と相手の個性と付き合うことができるのです。

それに知識はいりません。

 

f:id:hazukiken:20171210173751j:plain

 

発達障害(自閉症スペクトラム)は、「障害」という名前から病的な印象を受けますが、

脳機能の数あるタイプの1つなのです。

だから、個性的な子、として見るのが正しいのです。

 

大人になると頭でいろいろと、余計なことを考えてしまうけど、

“この子と仲良く遊びたい。” その気持ちがあれば良いんだな。

と、二人が遊ぶ姿を見ていて実感しました。

 

みんな違ってあたりまえ。だから楽しい♪

hazukiken.hatenablog.com

hazukiken.hatenablog.com 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ