春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

母子の以心伝心

~ドキッ!とする瞬間~

娘は、私の父が大好きです。(母のことも好きです。)

夫の両親は他界している為、お爺ちゃんは1人しかいません。

帰省するとお爺ちゃんは、どんな要求にも応えて、たくさん遊んでくれます。

 

先日、「年末に帰ろうかなぁ・・・。」

と、思い始めた私に、

 

「ねぇママ、おじいちゃん行こうよ!」

 

と言いました。

 

ドキッ! としました。

 

 

普段はそんな事は口にしません。帰省は2~3カ月に一回ほど。

私が頭で考え始めると、娘が同意するかのように口にしたのです。

 

実は、今回が初めてではありません。

過去にも2回、同じような事があった。

わたしが帰省の日程を考えていると、「おじいちゃん行こうよー。」と言い出すのです。

これは偶然ではないような・・・。

 

私の表情に何か出るのか、それともオーラが出るのか、これが母子というものなのか。

よく、双子は相手の感じていることがわかる。と聞きますけど、

母子も同じようなことがあるのかな?

 

 

f:id:hazukiken:20171213175141p:plain

 

幼い子供は、母は自分と同じと感じているとか。

母以外の人が他人で、母は自分と同じ。

母親を通して世の中を見ているらしい。

そう感じるのも、母の想いや考えが自分の事のように解るからだろうか?

 

医学的にも科学的にも解明できていないことだけど、私は思う。

 

母と子は、究極の以心伝心だ!

 

f:id:hazukiken:20171226104148p:plain

 

母親の私には、娘が自分の体の一部である感覚が、出産してから今でもずっとある。

うまく言えないけれど・・・例えば、

娘の鼻くそは自分のそれと同じだから、素手で取るのに抵抗はない。

 (汚い例えでごめんなさい。)

 

それは母性本能の一部かもしれないけだ、以心伝心という言葉がしっくりくる感覚があります。

 

年末に帰省したら、自分の母にもこの不思議な感覚の話をしてみよう♫

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ