春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

若者のゲレンデ事情

~ゲレンデで恋しよう♪~

昨日の記事に続いて、ゲレンデを愛する私が思うことを書きます。

www.hazukiken.work

 

 若者のゲレンデ離れは、以前からよく聞きます。

f:id:hazukiken:20180116125714j:plain

出典:スノーリゾート地域の活性化に向けて(観光庁)

 

映画「私をスキーにつれてって」の公開が1987年なので、影響が大きかったことがわかります。

ゲレンデは恋愛の場であり、恋を探しに、愛を深めにいく所でした。

 

その後1991年のバブル崩壊と共に、1993年をピークにスキー人口は減り続けます。

当然です。スキーへ行くにはお金がかかる。コズパが悪い。

 

そして現代の若者は、「お金がない。」のではなく、「お金を使わない。」のです。

 3R=リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)を大切に、

エコ思考で無駄な出費をしないことが良いのです。

マイカーでCO2を排出しながら、高いチケット代を払って遊ぶなんてダサい。

そうなると、もうゲレンデは閉鎖していく一方です。

 

そんな流れの中、「雪マジ19」という、株式会社リクルートライフスタイルの実施する、

19歳を対象に全国約190のゲレンデでリフト券が無料になる取り組みが、今シーズンで7季目です。

majibu.jp

昨シーズンは19歳の会員登録数が17.8万人となり、シーズンを重ねるごとに登録数は増加しています。

 

この取り組みはぜひ応援したい!!

「若者よ。エコも良いし、リサイクルも大切だけど、

人生を楽しむこと、恋愛を楽しむことも大切!!」

 

f:id:hazukiken:20180117114705j:plain

 

スキーやスノボは贅沢?無駄?

いいえ、違います。

山の自然を大切にして楽しむアウトドアスポーツです。

最近のゲレンデはネット環境も整っているし、インスタ映えもするよ。

 

生涯独身率も上がっているし、少子高齢化は加速しているし、

ゲレンデという非日常で過ごすことが、いろんなことに良い影響があると思う。

 

みんなもっと外へ出よう。ゲレンデで恋しよう~♪

 

f:id:hazukiken:20180116111152p:plain

 

そしてファミリー向けのサービスやコース作りをしているゲレンデも増えています。

それはまたの機会にご紹介したいと思います♪

 

先の紅白歌合戦で、登美丘高校ダンス部が踊った“バブリーダンス”。

懐かしいと思う世代と、新しいと思う世代が一緒になって、

キレッキレの女子たちを見たことでしょう。

 

そんな時代の雰囲気が、ほんの少しゲレンデによみがえったら楽しいだろうな♪

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ