春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

子供の歯科矯正は始まっている

 ~0次矯正という考え方~

私自身、中学生の時に歯科矯正をした。

とても痛くて、とにかく痛くて、痛み止めを飲んでも眠れず辛い経験だった。

健康な歯を2本抜いたし、2本が虫歯になった。

でもおかげで歯並びが綺麗だと人に言われたこともあり、両親には感謝している。

 

その経験から娘の歯並びも気になっている。

まだ乳歯だからそこそこ綺麗に並んでいるけれど、隙間が少ない。

ということは、永久歯になったときには並びきらないと予測できる。

だから早くから歯科矯正を検討して、なるべく短期間で痛みのない方法で矯正したいと思っていたが…

 

f:id:hazukiken:20180124142458j:plain

 

大人になってから抜歯をして歯並びを改善する矯正治療は、2次矯正。

小児矯正は1次矯正と呼ぶ。

これは、アゴの骨の大きさを適切な大きさまで誘導することで、歯の並ぶスペースを確保し、

歯が自然に並ぶようにするので、抜歯はほとんどしない。

 

さらに0次矯正という考え方がある。

適切な食事、噛む回数、姿勢など、小さい時からの習慣を正すことで、アゴの発育を正常にするという。

わざわざ治療をしなくても、矯正治療が必要にならない可能性が高くなるこの0次矯正。

これは5歳の娘の場合、とっくに始まっていることになる。

「良く噛む、正しい姿勢、バランスのとれた食事」と、基本的なことが健康の基礎なんだ。

 

日本人は食の欧米化と、食べやすい柔らかいものばかりを食べるようになって、

それがアゴの成長の遅れと歯並びの悪さにつながり、やかては健康被害につながっている。

0次矯正という考え方はとても大切だと思う。

 

f:id:hazukiken:20180126210123p:plain

 

それでも治療が必要なになったら、きちんと治そうと思う。

最近の1次矯正の治療法で、

「歯を抜かない」「ワイヤーを使わない」マイオブレイス矯正、というものがある。

 

f:id:hazukiken:20180124142317p:plain

オーストラリアで開発された治療法で、

筋機能のトレーニングと習癖の改善により、不正咬合を防いで悪くなる原因を改善するというもの。

頭蓋骨の成長段階でしか効果のない治療法のため5歳〜10歳で行う。

具体的には、呼吸と姿勢のトレーニングと、1日1時間と就寝時に器具を装着する。

 

あるクリニックでは初診料と診査診断料で¥14040、とある。

保険適応外だから、そこそこ費用もかかる。

 

まずは、0次矯正、頑張ろう!!!

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ