春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

幼児のわきまえ

~劇の配役に見える社会性~

娘の保育園で劇の発表会があった。

事前に先生からは、「上手にできていますから、大丈夫ですよ!」

とお墨付きをもらっていたおかげで、安心して観賞できた。

 

34名の園児が8種類の役に分かれたから、ひとつの役に4~5名いた。

その4~5名が、一緒にセリフを言ったり立ちまわったりする。

 

その配役に、大きく納得した。

f:id:hazukiken:20180204175128j:plain

●主役・・・リーダーシップが取れる子、取りたい子。緊張している。

●アイドル役・・・まさに、将来アイドルになりたいと思っている子。とにかく嬉しそうに踊っている。

●お姫様役・・・自分に自信があり、しっかりしている子。堂々と演じている。

●マックの店員役・・・人を笑わせることが好きな子。変顔の子も。

●寿司屋の役・・・わんぱくで、いい意味で優等生と反対。照れている子も。

 

そして娘がやった、

●妖精の役・・・ちょっと発達がゆっくりな子と、集団の中心より周りを好む子。ふわふわした感じ。

セリフも出番も少なめだったけど、間違えずにしっかりやれていた。

f:id:hazukiken:20180204175645p:plain

 

先生から聞いた話では、配役を決める時に、

「○○君はお寿司屋さんだよね。」「○○ちゃんはアイドルでしょ。」

というようなことを、子供たちが言い合っていたという。

 

みんな5歳。もう個性は十分に確立されている。

そしてクラスという集団の中での自分のポジションを、自覚している。

なんだか将来がうっすらと見えるようだ。

もちろん、この先に新たに現れてくる一面もあるだろうけれど、今ある個性が根本的なものなんだろう。

 

たくさんの父兄が見守る中での発表だから、

緊張や照れで練習通りではなかった子もいたようだけれど、

それがまた微笑ましくて、和やかな参観だった。

 

●2月8日 ロカビリーの日

~1958(昭和33)年のこの日、有楽町の日劇でウェスタンカーニバルが開かれました。~

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ