春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

子育てを終えて思うこと

~愛情の大切さ~

先輩ママから素晴らしい話を聞いた。

娘さんが今春に社会人。

それまでの子育てを振り返る中で・・・

 

発達障害、というほどではないけれど、グレー。

そんな娘さんをどう育てようか。悩むことばかり。

 

周囲の人たちから、「皆に愛される子に育てなさい。」とよく言われたそう。

「皆に愛される子」って?

 

大きな声で挨拶できる子。

いつも明るい子。

素直に話が聞ける子。

 

我が子はどれも当てはならない・・・。

「イヤだ!」「できない」、黙り込む。こればかり。

そんな葛藤をずっと抱えてきて、最近になって思うこと、それは…

 

皆に愛される子は、親にたくさん愛された子。

 

f:id:hazukiken:20180216145812j:plain

 

これはどういうことだろう・・・?

 

親からの愛情をたくさん受けて育った子は、

自己肯定感が強く、安心感がある。

だから、人に接する時に優しく素直でいられる。

 

その結果、皆に愛される子になる。

ということだろうか?

実際にその娘さんは皆に愛されている。

 

子育て真っ最中の私には、娘が皆に愛される子になるかどうか、まだわからないけれど、

愛情ならたくさんあるよ!それは自信ある!

ならばきっと将来は、娘も皆に愛される子になってくれるだろう。

 

f:id:hazukiken:20180216145831j:plain

「皆に愛される子」

それは発達障害は関係なく、

全ての親が子供に望むことだろう。

 

それに必要なことは、なにも特別なことではなく、

日々の愛、なんだ。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ