春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

怒ると悲しいは複雑

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~感情の成長~

療育の先生が面白い質問をしていた。

 

「怒る」 「楽しい」 「悲しい」 「嬉しい」の4枚のカードを並べ、

先生の質問に、娘が選ぶ。

 

①「お友達が自分のおやつを食べてしまったら?」

「悲しい」

f:id:hazukiken:20180221171618p:plain

 

②「難しい算数の問題がでてきたら?」

「怒る」

f:id:hazukiken:20180221171608p:plain

 

これ、間違っていないけど、逆が正解かと思う。

 

幼児に「基本的な顔の表情の絵」を見せたとき、

「これは怒っている顔」などがわかるようになるのは4~5歳。

 

感情も年齢と共に発達していく。

そして感情を言葉で表現することも、徐々にできるようになる。

 

娘はそういった成長過程の途中。

だから今は、

「ポジティブな感情とネガティブな感情を

分けて認識できていれば、正解

 

「怒る」と「悲しい」の違いは、まだ曖昧。

 

そう思うと日常生活の中で、

「なんで今、怒るの?」「なんで今、泣くの?」という場面があるのもうなずける。

 

文句を言いたい時に、泣く。

転んで痛い時に、怒る。

 

幼児の感情表現は、まだ不器用なんだ。

そんな自分にジレてしまうことも多いのだろうな。

 

f:id:hazukiken:20180221171455p:plain

あれれ? 大人も同じようなことがある。

言うべきことがあるのに、言えなくて泣ける。

転んで痛い時に、自分に怒れてしまったり。ね。

 

「怒り」と「悲しみ」は、そもそも複雑なものなんだ。

 

www.hazukiken.work

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ