春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

幼児が安心して治療ができる歯科

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~歯医者はこわくない♪~

娘に初期の虫歯が1本できた。

 

娘はとにかく怖がりで、そんな子を歯医者へ連れて行くのが面倒で、

保育園で年に2回行われる歯科検診しかしてこなかった。

 

そしてその歯科検診で、「未治療歯 1本」と診断された。

f:id:hazukiken:20180312134032j:plain


 「こども歯科」という看板を見かけるが、療育機関から、

「障害者の歯科治療をしている歯医者」を紹介され、行ってみた。

byoinnavi.jp

普通の個人歯科で、特にそういった看板もないので知らなかったが、

全国にこういった歯科はある。行ってみて驚いた!

 

*障害がない人や子供も、普通に通える歯科です。

初めての歯医者に怖がりそうなお子さんに、ぜひお勧めしたい!!!

 

初めに個室でカウンセリング。

娘は発達障害なので、発達度合いを確認する。

これは子供が先生に慣れる時間でもある。

 

次に診察台へ。

天井にテレビが付いていて、アニメが流れている。

 

f:id:hazukiken:20180312134446j:plain

器具を口の中に入れる前に、ひとつひとつの器具を見せて触らせてくれる。

痛くない、怖くない、を自分で確認できてから口に中へ入れる。

 

そうして一通り歯の状態を確認し、初回は終了。

 

こうした、治療の練習を数回にわたって行い、

歯医者へ行くことに恐怖心がなくなってから、初めて治療に入る。

 

f:id:hazukiken:20180312134752j:plain

先生曰く、

「歯医者は虫歯を直すだけでなく、定期的なメンテナンスも行う所。

だから通うことに恐怖心を持っていては続かない。」

 

「幼少期の恐怖心は心の奥に残って、大人になってもフラッシュバックする。

歯科治療と言うのは生涯に渡って関わっていくものだから、

そうならないように、初めは時間がかかっても、しっかり練習をして、恐怖心を取り除くことが必要。」

 

丁寧に対応してくださる先生に、もう感謝しかない。

娘はまだ嫌がっているけれど、恐怖心はさほどない様子。

 

f:id:hazukiken:20180312134237j:plain

しっかり練習をして、治療を終えたら、

その後もメンテナンスにきっちり通おうと思う!

そして毎日の歯磨きも丁寧にね!

 

www.hazukiken.work

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ