春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

子供にスポーツを教えるコツ

~素人でもスキーを教えられる~

今年、「ゲレンデデビュー」と「そりデビュー」をした5歳の娘。

勢いに乗って「スキーデビュー」まで!

 

f:id:hazukiken:20180315144352j:plain

結果、一日でとても上達したので、その成功ポイントをまとめます。

 

①五輪

メダル数でも盛り上がった平昌オリンピック!

世界のトップアスリートの活躍を見ることで、

「雪の上を滑るもの」に興味を持つ。

 

トップ選手のパフォーマンスを見ることで、人ができることの全体像を知る。

 

~この時点では「大人のやること」という位置づけ~

f:id:hazukiken:20180315144507j:plain

 

②ゲレンデで上手に滑る子供を見る。

そりデビューをし、雪遊びの楽しさを知ると同時に、

隣のコースで自分と同じくらいの年の子が、スキーやスノーボードを滑っているのに興味を持つ。

 

~「わたしもやってみたい。」と思う~

 

③You Tubeでイメトレ

スキーデビューの前日に、初めてスキーをやる子の動画を見る。

(今回は私と夫が教えたが、二人ともスキーを人に教えるのは初めて。

しかもスキーの経験は子供の頃だけで、普段はスノボをしている。

だから3人で動画を見て、「教え方」も学ぶ。)

 

~「滑っているわたし」を思い描く。~

 

この3ステップで、いよいよ滑り出し♪

 

f:id:hazukiken:20180315145709j:plain


・足を「ハの字」に開くことを、「おにぎり」と呼んでイメージしやすくする。

・脚力が弱いので、転んだ時は起こしてあげる。(嫌にならずに続けられる。)

 

このふたつを続けたところ・・・

 

リフトに乗り、なだらかなコースをハの字で滑り、曲がって止まる。

 

ここまでできた!

 

そしてキッカーを見て、「ジャンプしたい!」と何度も言っていた。

イメージはそこまでできていたのだ! 

 

おそらく、娘にとって初めてのスポーツであるスキーは、公園の遊具と変わらない。

そこに行って並んで、座って滑る「滑り台」と同じ感覚で、

ジャンプするのに、卓越した技術が必要だという発想はないだろう。

f:id:hazukiken:20180315145307p:plain


 
だからこそ、「自分もやれる。」と信じることができる。

そして最初はうまくできなくても、できるまで続けられる。

 

この、

「自分を信じること。」これが何より大切なのでは。

 

私は今年のスキーデビューは考えていなかったので、意図して五輪を見ていたわけではなかった。

あくまで結果としてこうなったけれど、

これから、例えば自転車を覚える時は、

マウンテンバイクの世界大会などを見せると、

自分もできる。と信じて取り組んでくれるのではないかと思っている。

 

あとは怪我をしないように、十分に気を付けてあげるだけ。

子供の純粋な気持ちがあれば、素人でもスキーは教えられる!

 

作業療法士の「きりんさんパパ」さ~ん。

もし読んで下さっていたら、ぜひ見解をお聞かせ下さい!

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ