春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

「おえかきがっこう」のテクニック

~お絵かきを越えたおもちゃ~ 

幼児の定番の知育玩具「おえかきがっこう」。

f:id:hazukiken:20180329132729j:plain

おえかきがっこう|しょうひんじょうほう│スイスイおえかき:パイロットインキ

対象年齢1.5歳~。¥4320

 

持っている子も多いだろう。みんなは何歳頃まで遊ぶのかな?

娘は出産祝いでいただいてからずっと、今も遊んでいる。

 

今日はそのテクニックをご紹介♪

(勝手に名前も付けました。)

 

①はじき飛ばし

丸形のスタンプを置いて指ではじくと、飛行機雲のように。

f:id:hazukiken:20180329133041j:plain

 

②回転

△形のスタンプを回転させながら横にずらすと、山並みに。

f:id:hazukiken:20180329133142j:plain

 

③反転

先に全体を塗って、消しゴムで顔を書くと亡霊のように。

f:id:hazukiken:20180329133232j:plain

 

発想と工夫で表現方法がどんどん広がる。

幼児のおもちゃと思っていたけれど、「おえかきがっこう」は奥が深い!

 

f:id:hazukiken:20180301122352p:plain

 

近年の知育玩具はデジタル化が急速に進み、

スマホやタブレットに楽しい知育ゲームがたくさんある。

でもこれらは一人で完結してしまう。

 

一人でやるよりも誰かと一緒に手を動かし、声を出し、

コミュニケーションを取りながらやることで情緒は育まれる。

 

時代と共に知育玩具の形は変わっていく。

子供の脳をバランス良く活性化させる玩具を、

親が正しく選んであげたい。

 

f:id:hazukiken:20180329134233j:plain

 桜も満開になり、週末はお花見を計画中♪

みなさんも良い週末を☆

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ