春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

環境の変化に強くなる

~寂しいと言ってもいいよ。~

今月から年長になった娘。

娘は基本的には変化は嫌い、ルーチンが好きなタイプ。

それは自閉症の傾向があるからで、いつもと違うこと、知らないものは怖い。

 

新年度に担任の先生が変わることが心配。

 

先月の最後の日、担任の先生から、

「今日でみんなとはお別れです。さようなら。ありがとう。」とお話があった。

先生は他の保育園へ移動になったから。

 

それを聞いた娘は、帰り際に先生に泣きついた。

泣いて泣いて、声をあげて嫌だと泣いた。

始めて先生に対して見せた、自分の先生への想いだった。

 

f:id:hazukiken:20180403132525j:plain

一年前の年度替わりの時も、その時の担任の先生から同じ内容の挨拶があったが、

まだ言葉が理解できず、特に反応することはなかった。

だからこの一年の成長の大きさは嬉しかった。

 

先生も「ありがとうね。」と言いながら涙されていた。(もちろん私も。)

 

家に帰って落ち着いてから、

「先生とのお別れは寂しいけど、新しい先生もきっと楽しいよ。」と伝えたかったが、

「先生とのお別れは・・・」と話し始めると、娘の目はみるみる涙が、あふれてあふれて・・・。

その先を話せる状況ではなかった。

 

そんな状態で迎えた新年度。

先月、療育の先生が変わった時に学んだ、「母親が先生を信頼すると、子供も安心できる。」

ということを胸に、そして娘を信じて送り出した。

www.hazukiken.work

そして1週間が過ぎた。結果は・・・

 

大丈夫だった!!

f:id:hazukiken:20180403131800p:plain

新しい先生とも楽しく過ごせている!

これは新しい先生のおかげであり、本人がちゃんと気持ちを切り替えることができているからだ。

 

今までと変わらず楽しく通う姿に、一安心。

私が思っている以上に娘は成長していたよう。

 

でもきっと、胸の中にはいろんな気持ちがあるだろう。

それも大切にしてあげたい。

 

f:id:hazukiken:20180403133021j:plain

「寂しい」という気持ちを表に出すことは大切。

娘には、「いつでも寂しいって言っていいんだよ。

先生にも伝えて大丈夫だよ。」と言っておこうと思う。 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ