春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

命の大切さ

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~生と死は紙一重~

先日、娘が夜に嘔吐を始め、夜間救急へ行った。

そこで居合わせた人たちの話。

 

f:id:hazukiken:20180413173806j:plain

待合室へ行くと、警察官や他の公務員らしき人が5~6人、忙しく話していた。

事件か事故か?と思っていると、

10代後半の男の子が(ここでいいのかな?)という感じで入ってきて、受付でなにか問い合わせた。

自分の事は、「友人です。」と答えていた。

 

受付の人は、「ご家族の方をお呼びしますので、掛けてお待ちください。」と案内した。

少しすると、40代のご夫妻と10代前半の女の子の3人が、悲痛な表情で待合室へ来て、

4人で急ぎ足で出て行った。

 

それから1時間ほどが過ぎ、娘の診察を終えて薬を待っていると、先ほどの男の子が涙をぬぐいながら入ってきて、居残っていた警官へなにか尋ねた。

 

警官は、「終わりましたらご遺族のもとへお返ししますから、待っていてください。」と答えた。

 

この言葉にビクッとした。

 

f:id:hazukiken:20180413172801j:plain

先の家族にとって大切な、大切な、誰かの命が・・・。

 

先の悲痛な表情の中に、いろんな想いが見て取れた。

それを思い返すだけでも胸が締め付けられる。

 

若い男の子の、突然の不幸だったのだろうか。

その男の子は、今日の夕方までいつもの笑顔を見せていたのかもしれない。

 

突然の不幸は、いつ自分の身に起こるか、自分の大切な人に起こるかわからない。

 

………。

 

平凡な毎日は、かけがえのない大切な日々である。

 

娘の嘔吐は、胃腸風邪か食中毒かで、じきに治るものだった。

これについては明日また書きたい。

 

命のあることに感謝して。

一日一日を大切に。

f:id:hazukiken:20180413172958j:plain

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ