春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

新しい習い事を始めます♪

~幼少期は苦手な事はやらせない~

新年度にも、ひと慣れしてくる4月半ば。

娘は新しい習い事を始めます。

f:id:hazukiken:20180418132105j:plain

「フラメンコ」のように派手な、このスカートを履いて練習するのは、

 

「チアリーディング☆」

 

本番(イベントでの発表)の時は更に華やかな、ワンピースの衣裳になるらしい☆

 

以前からやらせたいと思っていたけれど、

「先生から集団への口頭指示」が理解できないとついていけないので、

発達の遅れが改善するのを待っての、このタイミング。

 

レッスンの初めは柔軟体操やバレエのステップのような練習があり、

後半はポンポンを持って音楽に合わせて踊る♪♪

これが娘は大大大好き☆

 

予想通りノリノリで飛び跳ねている。

(まだ振り付けは覚えていないので、手を振り回しているだけなんだけど、楽しそう。笑)

 

f:id:hazukiken:20180418133906p:plain

woman.mynavi.jp

この記事によると、習い事のメリットとして、

 

・さまざまな可能性を探るきっかけとなる

・成長のきっかけになる

・のびのびと個性を伸ばすことができる

・集団生活に適応できるようになる

・楽しみながら基礎が学べる

 

これらが挙げられている。

全くその通りである。

 

でも、わたしが習い事に求めることは、

 

「自己肯定感」と「自信を持つ」こと。

 

その為に「得意な事を習わせる!」

 

得意な事を楽しくやると、すぐに上手くできて褒められる。

その体験ができるなら何でもいいと思っている。

 

幼少期はいろんな能力の基礎ができる時期だから、親は不得意な事を少しでも伸ばそうと思う。

f:id:hazukiken:20180418135848j:plain

娘は顔を水に付けることが怖くてできない。

なら水泳をやらせるべきだと。

 

でも幼少期は苦手な事をさせるのは逆効果だと私は思う。

苦手意識を強め、劣等感を持ってしまうのでは。

 

・将来に役立つ
・礼儀が身につく
・身体の成長を促す

このような理由で習い事の種類を選ぶことも多いと思うが、これらは結果論。

 

得意な事をどんどん伸ばすことで、

自分に自信をたくさん持てたら、

苦手な事にもチャレンジしてみようと思える!

 

その結果、いろんな事が身についてくる。

f:id:hazukiken:20180418140710p:plain

娘がチアを発表をする日が今から楽しみ♪

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ