春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

「はしか」が怖い

スポンサーリンク
script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

~人生初インフル感染~

娘から私も、もれなく感染。インフルエンザA。

 

医者も相当に驚いていた。

この時期に? 保育園で集団感染?

本当か?と2度も聞かれた。

 

私は始めて、「寒気で眠れない」という感覚を味わい、「インフルって怖い。」と心底思った。

 

沖縄で流行している「はしか」もしかり。

少し「はしか(麻疹)」を調べてみた。

 

f:id:hazukiken:20180418133906p:plain

以下、「国立感染症研究所」のHPより

麻しんQ&A〔麻疹(ましん、はしか)について〕

 

●感染力はきわめて強く、免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、

12~14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1~2人)。

感染した90%以上の人が発症します。

 

●感染後、10~12日間の潜伏期ののち発熱や咳などの症状で発症します。

38℃前後の発熱が2~4日間続き、倦怠感、咳、鼻みず、くしゃみなどと

結膜炎症状が現れて次第に強くなります。

 

●その後、体温は1℃程度下がり、その後半日くらいのうちに再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現します。

発疹は耳後部、頚部、前額部から出始め、翌日には顔面、体幹部、上腕におよび、

2日後には四肢末端にまでおよびます。

発疹が全身に広がるまで、高熱(39.5℃以上)が続きます。

発疹ははじめ鮮紅色扁平ですが、まもなく皮膚面より隆起し、融合して不整形斑状(斑丘疹)となります。

f:id:hazukiken:20180425105433j:plain

●発疹出現後3~4日間続いた発熱は解熱し、元気さが回復します。

発疹は黒ずんだ色素沈着となり、しばらく残ります。

合併症のないかぎり7~10日後には主症状は回復しますが、免疫力が低下するため、

しばらくは他の感染症に罹ると重症になりやすく、また体力等が戻って来るには結局1ヶ月位を要することが珍しくありません。

 

●感染は、接触、飛沫、空気 のいずれの経路でも感染します。

ウイルスの直径は100~250nmで空中を浮遊し、それを吸い込むことで感染しますので、マスクでの予防は難しくなります。

 

唯一の予防方法は、ワクチン接種によって免疫をあらかじめ獲得しておくことです。

 

f:id:hazukiken:20180425105514j:plain

もう、読んでいるだけで怖すぎる。

ワクチン接種は必ずしようと思う。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ