春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

パパのアウェー感と母の日

 ~パパの存在が危うい~

最近ブログにめっきり登場しない夫。

それは、娘がパパに全くなつかないから。

5歳の女児にはあるあるな話だけれど、だからといってほっておけない状況。

 

赤ちゃんの頃は母子の2人だけの世界があるのは仕方がない。

そこから、「パパと遊ぶのも楽しい。」と気がつくはずなんだが…。

 

とある朝のこと、

眠たいのか、些細なことでグズグズいって甘える娘を、私が叱った。

今にも泣き出しそうになっていたその時、

パパが部屋に入ってきて助け船を出した。 

f:id:hazukiken:20180514103129j:plain 

「どうしたの?まぁちゃん。」と優しく近づくが、

 

娘、パパの存在を完全無視。

見向きもしないで、すす~っとパパから離れる。

 

今度は私がパパに助け船を出す。 

「もう泣かなくていいから、朝ご飯にしようね。パパと一緒に手を洗っておいで。」

と言うと慌てて、

 

「いやだ!!ママとあらう〜!」と私に抱きつく。

「いやだ!!」の言い方が、「絶対に嫌!」といった感じ。

 

パパは無言で部屋を出て行った。

f:id:hazukiken:20180514103825p:plain

うちは母子家庭ではないんだが。

パパとママ、どちらかが怒る役でもう1人は甘えさせる役のはず。

 

なのに私が両方の役をやり、パパはアウェー。蚊帳の外。土俵の下。

なんでもいいけど、あまりにパパがかわいそう…。

 

そんなことが日常になっている我が家で、昨日は「母の日」だった。

 

夫が娘を「ドーナツを買いに行こう。」と誘い二人でイオンへ。

帰ってくると、娘からのお手紙とケーキを手にしていた。 

f:id:hazukiken:20180514100537j:plain

「母の日」の意味はイマイチ理解していないようだけれど、

パパに言われるがままに手紙を書いたらしい。笑

夫の思いやり、娘の純粋さに心がほっこり。

 

初めて娘から手紙をもらったことはとても嬉しかったが、

娘に、パパがとても優しいこと。甘えてもいいんだと、気づいて欲しいなぁ。 

 

「父の日」までに、パパと触れ合う機会をたくさん作ろう!

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ