春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

保護者会役員の苦楽

 ~責任はどこまで?~

f:id:hazukiken:20180523110139p:plain

私、今年度は保護者会の副会長をやっている。

人生初めて、任期のあるボランティア活動を経験中。

クジで外れてしまった訳だけれど、やってみると皆が言うほど嫌なものでもない。

なんせ娘に関わることだから、内容にも興味がある。

 

初回の役員会から会長さんが欠席され、会を中心となって回すということも経験し、初体験を楽しんでいる。

 

この「初体験」が私は好き。

あと「人間観察」も大好き!

 

この2つが満たされる保護者会役員。

一年間楽しもうと思っていたが…。

少し暗い話を聞いた。

昨年度の役員の方がトラブった話。

 

書記係2人の片方(A子さん)のやったことが、あるお母さん(B美さん)を怒らせた。B美さんが怒っても仕方がない状況。

 

にも関わらずA子さんの対応は、「私はそんなつもりはない。」というもの。

苦情に対してお詫びがなかったことで、B美さんの怒りは倍増。

f:id:hazukiken:20180523110309p:plain

 書記のもう片方のC恵さんが、怒っているB美さんの自宅へ伺い、深々とお詫びをしたことでなんとか収束。

 

だがC恵さんは何も悪くない。

聞いただけでもモヤモヤが残る。

 

事を起こした張本人のA子さんは「私は悪くない。」と言うが、故意でなくても怪我をさせてしまえば罪になる。

B美さんの心の怪我の責任を取らなければならない。

 

何も悪くないC恵さんは、A子さんの性格をよく知っているため、B美さんのお宅へお詫びに行ったことをA子さんには知らせていないらしい。

 

本来ならば、A子さんがすぐにお詫びと補足説明をしていれば、話はこじれずに済んだはず。

C恵さんが大人の対応ができる方だったから、A子さんは事なきを得た。 

f:id:hazukiken:20180523105843p:plain

もし私がC恵さんの立場だったらどうしただろう。

自分は何も悪くなくても状況を察して自分が犠牲になり、矢面になってクレームを聞いて詫びる。

保護者会の役員の一人として、そこまで責任を負わねばならないのか。

 

園児の数は100人以上。その数だけお母さんたちがいて、

それぞれの感じ方がある。

 

我が子を大切に思う気持ちは同じでも、人と人には相性があるから合わないこともあるだろう。

そのことを心の隅において、明日の保護者会総会に参加しようと思う。 

人間観察を楽しみつつ、大人の対応を心がけよう。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ