春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

私に自信をくれた、あの人へ

今週のお題「あの人へラブレター」

~生涯、想起する。~

恥ずかしいお題にチャレンジ!

ラブレターを送りたいのは、昔の彼氏。

f:id:hazukiken:20180523131638j:plain

私が23歳から3年ほど付き合った人。

それまでの彼氏たちとは全く違う関係で、お互いにお互いを「片割れ」と呼んでいた。

二人が一緒にいると自分が完成するような感覚があった。

 

性格は全く違い、似た者同士ではなかった。

なのに相手の考えていることや感じていることは、言葉にしなくても解った。

世の中にはこんな他人もいるんだと驚くほどだった。

 

出会いは友達の結婚式の二次会。

翌日に私の職場へ押しかけるほど、思い立ったら真っすぐ突っ走る行動に、始めは「ついていけない」と思った。

 

それがいつしか、一緒にいるのが自然になり、異性を感じる時と同性のように感じる時が混在し、兄妹のような感覚すらあった。

f:id:hazukiken:20180523132714j:plain

お互いにやりたいことがあり、毎日会っていたり、1か月間も会わなかったり。

そんな付き合いを2年以上続けるうちに、相手の存在が空気のようなあやふやなものになってきた。

 

相手にとって自分は必要なのか?

自分にとって相手の存在は何なのか?と疑問に思うようになった。

 

私はもっと必要とされたかったのかもしれない。

「会えなくて淋しい。」と言ってほしかったのかも。

 

お互いになくてはならない存在だと思いつつ、ふと気が付くと、

連絡をしてもしなくても、お互いに相手が何をしていても構わないし、気にならなくなっていた。

恋愛感情があるのかないのか、わからなくなっていた。

 

私は仕事に煮詰まっていたこともあり、転職と同時に別れた。

別れた。というより、離れた。

 

特に話もせず、会わない日々が続いていた間に私が実家へ戻ったので、気軽に会える距離ではなくなった。

そうなったらお互いにどんな感情が沸くのか、試したい気持ちもあった。

f:id:hazukiken:20180523132443j:plain

そして、そのまま・・・・。

 

毎年、私の誕生日に電話をくれるだけの関係になった。

「元気~?」と変わらない声でかけてきてくれる。

まるで海外に住む兄のような感じ。

 

今は感謝の気持ちを伝えたい。

あの頃感じた一体感は、私に自信を与えてくれた。私が私でいることに価値を見い出せた。

 

その経験は大きな財産となって、今がある。

今の夫とは、「2人でひとつ」ではなく「2人は2人」という感覚。

お互いを尊重し、個と個の関係。

 

これが成り立つのは、過去に自信をくれた人がいたから。

ありがとう、片割れ君。

私はきっと生涯、あなたと過ごした頃を想起する。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ