春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

歯科治療の「笑気麻酔」「シーラント」とは

~痛くない・怖くない~

娘が初めて治療のために歯医者を訪れてから、3か月近くが経過した。

www.hazukiken.work

発達障害の知識のある歯科医を尋ねたので、

発達検査をしてから、実際に虫歯を治療する前に、

歯医者に慣れて、怖がらなくなるまで何度でも練習をしてくれている。

f:id:hazukiken:20180608171325j:plain

毎回少しづつ器具の種類を増やしながら、常に励まし・褒めてくださる先生。

先生の丁寧な練習のおかげで、

娘は嫌がることなく歯医者へ行き、恐怖心なく診察台に寝て、

先生の指示に素直に従うことができるようになった。

 

そこで第二弾。

 

「笑気麻酔をしてシーラントをする。」

 

笑気麻酔とは、正式には「笑気吸入鎮静法」と呼ばれる麻酔法。

鼻に吸入用のマスクを装着し、陶酔効果のある笑気(30%以下の亜酸化窒素)と、

医療用酸素(70%以上の高濃度の酸素)が混ざった気体を吸入して、

痛みを感じにくくリラックスした全身状態を作り出します。

 

笑気麻酔を用いることで、治療中の痛みや歯を削る音・振動を気にすることなく、

緊張せずに快適な精神状態で歯の治療を受けることができます。

f:id:hazukiken:20180608171533p:plain

シーラントとは、奥歯の凸凹や前歯の裏側など、

虫歯になりやすい部分にプラスチックを埋め込み、虫歯菌が繁殖しないようにするもの。

予防治療ですが、保険適用内。

 

この笑気麻酔を使ったシーラントを何度か経験してから、

いよいよ、部分麻酔を使っての虫歯の治療に入る。

 

初診から虫歯の治療まで、4か月以上をかけていただくことになる。

 

幼いころの「歯医者は痛い、怖い」という経験がトラウマにならないように、

こんなにも段階を踏んで、根気よく治療を進めてくださる先生には、ほんとうに感謝している。

 

f:id:hazukiken:20180608171421p:plain

娘は毎日の歯磨きの大切さも理解してきているようで、

進んで歯磨きをするようになった。

 

そろそろ乳歯が抜けて永久歯へ生え変わる時期になる。

今回の虫歯の治療を終えてからも、

定期的なメンテナンスで、先生には長くお世話になりたいと思う。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ