春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

子供の知的好奇心を刺激する絵本

~中が見えたら、あら楽しい♪~

図書館で借りた絵本がとても面白い!

「すっぱりめがね」

f:id:hazukiken:20180612104056j:plain

いろいろな物が半分に切れて、断面が見える。

色鉛筆のような温かいタッチで、複雑な細部までリアルに描写されている。

 

f:id:hazukiken:20180612104120j:plain

缶詰の中は液体だから、物理的に絶対に見ることができないもの。

 

f:id:hazukiken:20180612104204j:plain
f:id:hazukiken:20180612104214j:plain

ピアノの断面も、見る機会はそうそうないだろう。

表から見ただけでは想像できないような仕組みになっている。

 

身近な物の断面を見ることは、大人には容易に想像がつく。

なのに見た目のギャップにフォーカスされているからか、新鮮な面白さがある。

 

娘はきっと、

「世の中には面白いことがたくさんあるな~。」と思っていることだろう。

「すっぱりめがね」というネーミングも面白いようで、

ぺージをめくる時に、「すっぱり〜!」と叫ぶ。笑

 

幼い頃から知的好奇心を伸ばしてあげることはとても大切。

様々な経験をすることで視野が広がって、そこから良い連鎖が起こる。

 

ピアノの中はこんな仕組みになっているんだ。

   ↓

どんな音がするのかな?

   ↓

演奏を聞いてみたいな。

   ↓

ピアノの他にはどんな楽器があるのかな?

 

というようにどんどん広がっていく。

 

また幼い子供が楽しむためには、親も一緒に楽しむことが必要。

少し目を添え、手を添えて、時にはやって見せたりすることで、

知的好奇心は一層広がっていく。

 

そんなことを私に気づかせてくれた絵本だった。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ