春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

絶滅危惧種ペンギンに逢う

~新しい発見がたくさん!~

梅雨明けしたとたん、とても暑い。

f:id:hazukiken:20180629134804j:plain
f:id:hazukiken:20180703100106j:plain

大きく咲いたヒマワリは、花が重いからか頭が垂れてきてしまう。

なので短く切って平らな花器へ移してテーブルに飾ると、食事中も眺めることができていい♪

 

さて、夏と言えば水族館!

娘が大好きな「名古屋港水族館」へ行ってきた♪

www.nagoyaaqua.jp

水族館は行くたびに新しい発見がある。

今回は、ケープペンギンの「フーディングタイム」を見た。

 

たくさんのケープペンギンが、小屋から芝生の広場へ出てきて、

飼育員さんから手渡しで魚を食べていた。

f:id:hazukiken:20180703101136j:plain

これは、お腹がいっぱいになって小屋へ帰るところ。 

列をなしてヨチヨチと歩く姿はとても可愛らしい。

 

このケープペンギンはアフリカに生息しているため、人間が快適と思う温度で生活ができる。

なので多少暑くても、芝生に水を撒いたりミストを出してあげれば、こうしてお散歩ができるのです。

 

そしてケープペンギンは「絶滅危惧種」です。

日本では10か所以上の水族館で見ることができるけど、世界で17万羽しか生存していない。

web-aquarium.net

気軽に観ることができるのは、日本くらいなのかもしれないな。

 

ペンギンの中でも馴染みのあるケープペンギン。

希少な種だとは知らなかった。

 

娘にはまだ理解できないことだけど、娘なりに色々と学んだ。

ペンギンはどうやってエサを食べるのか、

階段を登れること、大きな声を出すこと、などなど知ることができた。

 

続いて、シャチとも触れ合った。

f:id:hazukiken:20180703103102j:plain

世界でも有数の大きさを誇る大水槽のアンダービューに、シャチの親子が遊びに来た。

 

2頭がぴったりとくっついて水槽の壁に沿って泳ぐと、子供たちがたくさん寄っていく。

すると今度は子供たちに話しかけるように、口先を壁につけてうなずくようなしぐさをしたり、また壁に沿ってゆっくりと泳いだり。

こうしてしばらくの間、親子のシャチは子供たちと遊んでいた。

 

こんなに大きな海の生き物を、ガラス越しとはいえ間近で見るのは迫力満点!

 

子供も大人も楽しい水族館♪

また行こう!

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ