春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

連鶴の魅力

~折り紙の世界~

連鶴の作品展が良かった。

f:id:hazukiken:20180806103857j:plain

これは「8連の輪鶴」、「八橋」とも呼ぶ。

小さな鶴の一羽一羽が、和紙の絵柄の出方によって羽の模様が変わる。

 

江戸中期、伊勢桑名の長円寺11世住職の義道一円の考案により作成された、

「秘伝千羽鶴折形」(世界最古の折り紙の本)に、49種の連鶴の折り方がある。

 

昔はこの連鶴のことを千羽鶴と呼んでいたそうです。

今では桑名市の無形文化財として大切に受け継がれています。

f:id:hazukiken:20180806102301j:plain

1枚の和紙で2~97羽の鶴を折る。

49種の全種類を折ることができる人が、全国で100人以上いるらしい。

f:id:hazukiken:20180806102954j:plain

本当に1枚からできているの?目を疑ってしまいます。

 

何度も折り重ねる為、1ミリのずれが何センチにも広がって失敗につながるらしい。

また、つなぎ目が破れやすいので薄い和紙を使うそう。

 

和紙の色や柄も美しくて、私もやってみたいな。

f:id:hazukiken:20180806105245j:plain

庭のサルスベリは猛暑に向かって満開です!

みなさんも暑さにお気をつけて、お元気にお過ごしください。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ