春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

出産時を思い出すと胸がいっぱいに

~産まれた時の体重人形~

娘の通う保育園では、「自分の身体を大切にする」ということを学ぶ時間が設けられている。

男の子と女の子は性器の形が違うこと、そして他人に見せたり触らせたりしてはいけない。

裸になって良い時は限られること、そして他人の裸を見てはいけない。

などということを学ぶ。

その様子を父兄も自由に参観できたので、見にいってきた。

 

先生の話を聞きながら、子供たちはいろんな反応をしていて面白かった。

「え?ダメなの?だって俺の父ちゃん、俺のチンチンかわいいって言ってさわるよ。」と言ったり。

そんな息子を後ろから見ていたお父さんは苦笑いしてた。笑

 

でも、自分の身体を大切にできるのは自分なんだと、みんな、なんとなくわかった様子だった。

 

そして自分の身体を大切にする。ということがより実感できるようにという取り組みで、「産まれた時の体重人形」を父兄が作った。

f:id:hazukiken:20180809143534j:plain

体重の重さの砂袋をタオルに包んで、タオルの一部はボールをくるんで完成。

顔は好きにアレンジして、スタイや産着を着せる。

 

私も娘のために作ったんだけど、抱っこしてみるとなんともいえない気持ちになった。

約6年前の夏、この重さで誕生した時のことをいろいろと思い出す。

 

ママさんたちと机を囲んで一緒に作りながら、自然と話も出産のエピソードになる。

何グラムで産まれた。に始まり・・・

f:id:hazukiken:20180809151637j:plain

予定より3週間も早く産まれて準備ができてなくて焦った。

立ち会ったパパが役に立たなくて腹が立った。

陣痛が長すぎて途中で睡魔に襲われたくせに、最後は絶叫した。

 

などと話は尽きることなく、ママたちは手を動かしながらもおしゃべりに花が咲き、

人形が完成するころには「産まれてきてくれてありがとうだね。」と自然と話はまとまっていた。

 

園児の勉強のためと言いつつ、園長先生の狙いはここにあるのではないかと思えてきた。

ママたちは毎日、仕事と家事と育児に追われてとにかく忙しい。

子供と遊んでいる時間があったら片付け物をしたいし寝たいし、自分の時間も欲しい。

 

でも、幼児期はあと少し。(6歳までを幼児と言う。)

幼児のうちは赤ちゃんの延長で、ママやパパに甘えたくて仕方がない。

甘えることで愛情を肌で感じ、自分が大切にされていることや愛されていることを実感する。

f:id:hazukiken:20180809151824j:plain

「たくさん抱っこしてあげてくださいね。」

人形を作りながら、そんなことを園長先生に言われたような気がした。 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ