春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

子供の「なんで」に答える法則

~子供の好奇心に寄り添うと楽しい♪~

6歳の娘は好奇心旺盛です。

毎日たくさん「なんで」「どうして」と質問をしてくる。

自分に時間がなくても面倒くさい質問でも、なるべくちゃんと応えるように頑張っているつもり。

 

でもその内容もどんどん難易度を上げ、回答に苦労するようになった。

そんな中で、答えにはパターンがあることに気が付いた。

f:id:hazukiken:20181002100352j:plain

①子供に理解できるお話を作る。

夕焼けを見ながら娘:「たいようさんはどこにいくの?」

私「夜になるからお家に帰るんだよ。また明日会えるよ。」

 

娘「ねむたくなったの?」

私「うん、そうだよ。」

 

娘「おほしさまは眠くならないの?」

私「おほしさまは昼間に寝るんだよ。」

 

②日ごろの不安を取り除くチャンスにする。

私の手の甲に浮き出た血管を見て娘:「これはなあに?」

私「血管っていって、血が流れているところだよ。」

 

娘「流れないと?(どうなるの?)」

私「手が冷たくなって動かなくなるんだよ。だからケガして血が出ても、怖いことではないんだよ。」

 

③子供の夢を壊さない。

絵本を読んでいる娘:「わたしも空をとびたいな~!どうして人はとべないの?」

私「羽が背中の中にあるからだよ。羽は出てこないから飛べないけど、でもね、ハングライダーとかパラグライダーに乗ると、人も空を飛べるんだよ。」

娘「やったー!!」

f:id:hazukiken:20181002100414j:plain

質問に対して、どの路線で回答をするのかを考えて言葉を選んでみる。

その時々の子供のいろんな気持ちに寄り添ってあげたい。

そしてひとつづつ疑問を解決し、不安を解消し、夢を広げていきたい。

 

私の答えに対して、また様々な表情を見せてくれる娘。

こうしてあれこれと回答を考えるのも、けっこう楽しい♪

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ