春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

手のりハムスターにするには。

~一緒に遊べる喜び~

f:id:hazukiken:20181126122735j:plain

我が家の家族になってくれたハムスターたち。

右の仰向けが「りり」、りりに乗っかっているのが「ピピ」。仲良し姉妹です♪

 

ハムスターは警戒心が強いけど、このジャンガリアンという種類は人に慣れてくれます。

りりとピピも始めは警戒して、りりは噛みついてきましたが、手のりハムスターを目指して、少しずつスキンシップを取っています。

 

そして、ついに手の平に乗せて一緒に遊べるようになったのです。

今日はその進化の様子をご紹介します♪

 ステップその1:ゲージに手を入れる

簡単な掃除や水の取り換えなど、ゆっくりと手を入れて行うことで、手の匂いに慣れてもらう。

始めはゲージに手が入ってくると、りりは噛みついて、ピピは巣穴へもぐっていきましたが、数日でそれはなくなりました。

 

「この手は危険じゃないぞ。」と思ってくれたのでしょう。

そうしたら、次のステップへ。 

ステップその2:好物をあげる

好物のヒマワリの種やドライフルーツを、エサ入れに入れるのではなく、指先に持っていると、そこから取ってくれます。

これは最初からすんなりと取ってくれました。

 

「いつもの手だ。おっ!いいもの持ってるぞ!!」と、寄ってきます♪

りりはピピを押しのけて、取りにきます。たまに指先を甘噛みするのは、ご挨拶?

娘は噛まれるのが怖いので、いつもピピにあげています。

 

1度こうすると、私がゲージに近づくだけで、「おやつちょうだい」とばかりに嬉しそうに寄ってきます。

f:id:hazukiken:20181127093737j:plain

これがかわいい!!

鼻がひくひくと動いて、後ろ足で立ち上がって前足をバタバタさせます。

ステップその3:手に乗せる

好物を指先ではなく手の平に乗せてゲージに手を入れて、手の平に乗ってくるかどうか観察します。

 

ピピは最初から素直に乗って、手のひらの上でフルーツを食べました。

りりは乗ったけど、フルーツをもらうと自分の巣穴へ持って行って食べていました。

 

りりの方が警戒心が強いんですね。

怖がりだから噛みつく。あれ?人間と同じかも。

 

ピピはおっとりしていて、されるがままのこともあります。

産まれた時から飼われているからかな?お嬢様育ちかしら?

 

ステップその4:手に乗せてゲージから出す

いよいよ最終段階です!

まずはピピから。手のひらの上でフルーツを食べているときに、そのままゲージから出してみました。

f:id:hazukiken:20181127110145j:plain

特に怯えることもなく、そのまま食べたり遊んだりしています。

 

次にりり。ちょっと抵抗していましたが、やや強引に抱っこしてゲージから出してみました。

ハムスターはその場から一刻も早く逃げ出したい時は、口に入っているフルーツを急いで出すはず。

でもそんな様子はなく、ちょこちょこと膝の上を動き回って調査をしているような感じ。短い時間でゲージへ戻してあげました。

 

こうして、エサの時間は楽しいふれあいタイムになっています。

飼い始めて10日ほどで、すっかり家族になったりりとピピ。

f:id:hazukiken:20181127093809j:plain

2匹の性格が違うから見ていて飽きないです。

人と同じように、ハムスターにも個性があるんですね。

 

最後はいつも、りりの上にピピが乗っかって寝ます。

夜行性ですから、朝になったら「おやすみなさい。」☆彡

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ