春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

xmasツリーを飾るコツ

~綺麗で安全、そして安価~

我が家のクリスマスツリーを飾りました!

娘と一緒に、大きいのと小さいのを2つ飾り付けました。

 

毎年出して飾っているので、だんたんとコツがわかってきましたよ。

これからツリーを飾り付ける方の参考になったら嬉しいです。

①木の形を作る

箱に入っているクリスマスツリーは、出したときは幹と枝がギュッとコンパクトになっています。

これを木の形になるように枝を広げていくと、

f:id:hazukiken:20181204104430j:plain

こうなります。

でも室内で飾るには枝先が危ないのと、飾り物が重いと枝が下がってしまうので、枝先を上に向けてカーブさせます。

そうすることで枝の間の隙間も埋まり、見た目も良くなります。

f:id:hazukiken:20181206150205j:plain
いきなり完成画像ですが。

大きい方の、高さ150㎝のツリーです☆彡

完成してます。枝先が上を向いているのがわかりますでしょうか?

②イルミネーションを付ける

木の形が整ったら最初に電球を付けます。

枝先ではなく、幹の近くへ少し押し込んでコードを這わせます。

電球が前面に出ていると見た目が損なわれます。

 

③てっぺんの飾り・プレート・モール・リボンを飾る

f:id:hazukiken:20181204110645j:plain

(画像は完成しちゃっています・・・)

最初に飾るのはてっぺんの飾りとプレートです。

今年はてっぺんはリボンとベルにしました。大きい飾りならなんでも良いと思いますが、軽いものでないと安定して木に固定ができません。

 

次に、100円ショップにも売っているキラキラーのモールやクリスマスカラーのリボンを巻きつけます。

飾りがたくさんあれば要らないものですが、モールや幅の広いリボンがあると飾りが少なくても豪華になります!(飾りはけっこう高価ですから。)

 

④ガーランドなどを飾る

いよいよ飾りを付けます。ポイントは、大きい物から付けていきます。

我が家の場合は、

 

ゴールドのオーナメント

リボン飾り

松ぼっくり

小さいオーナメント

他小物、という順番。 

f:id:hazukiken:20181204110902j:plain

リボン飾りは、幅7センチでサイドにワイヤーが入っているリボンを25㎝ほどでカットし、中央をビニールタイで縛ったもの。簡単に作れて華やかになります♪

⑤隙間にポインセチアを飾り、雪を降らせる

飾り付けが終わったら、隙間にポインセチアの造花を差し込みます。

大きいツリーは飾りもたくさん必要で、種類も多いほうが楽しいので、何か良いものはないかと考えて、思い付いた方法です。(もみの木にポインセチアは咲きませんから、おかしいんですけどね。)

f:id:hazukiken:20181204111008j:plain

最後に手芸用の綿を雪に見立てて降らせます。コツは、薄く伸ばして枝に絡ませるようにくっつます。塊のまま乗せるとすぐに落ちてしまいます。

⑥スタンド部分を隠す 

f:id:hazukiken:20181204111403j:plain
f:id:hazukiken:20181204111409j:plain

ツリーの飾りが仕上がったら、スタンドにも手を加えます。

作りもののツリーだとはわかっていても、このスタンドの部分が見えると、ちょっとがっかりしますから。

本当は、ギフトボックスをたくさん飾ると本格的で素敵なんですけど、それでは掃除が大変で散らかるので、私は同色のグリーンの布で隠しています。

⑦色は3色

同じ要領で飾ったもうひとつのツリーは白です。

f:id:hazukiken:20181206170211j:plain
f:id:hazukiken:20181206150205j:plain

白・ピンク・ブルーの3色を使っています。

大きい方のツリーは、グリーン・赤・ゴールドです。

 

このように、ツリーの色にメインの飾りの色を2色に抑えて、3色にすると綺麗にまとまります。

 

以上です!今日はめずらしく長文になりました。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

みなさんも、良いクリスマスを♪ 

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ