春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

サンタを卒業する時の、夢を壊さないセリフ

~サンタはパパ~

f:id:hazukiken:20181212171246j:plain

娘は6歳。サンタさんに会いたがっています!

我が家は、「パパはサンタさんに電話ができて、プレゼントをリクエストしておいてくれる。」という設定で毎年やっています。

 

だから欲しいプレゼントが決まったら、「サンタさんに電話をかけて、伝えて欲しい。」とパパにお願いします。

あとは、いい子にしていたらプレゼントが届きます☆彡

f:id:hazukiken:20181212102903j:plain

このかわいい時代は、いったいいつまで続くのでしょう?

来春から小学生になりますから、いろいろな知恵をもらってくることでしょう。

早い子なら、そろそろ気が付く子もいるでしょう。

 

こんな話を聞きました。

子どもは気づき始めていても、それをパパやママには言いにくくて、双方で演技を続けている。とか、

上の子が信じているのに、下の子は気が付いていて黙って演技をしている。とか。

 

子どもに演技をさせたくはないなぁ、と思っていたら、とても素敵な話を聞きました。

娘のお友達のパパです。

お友達は娘と同じ6歳で、10歳になるお兄ちゃんがいます。

そのお兄ちゃんとパパの会話。

 

兄「サンタさんって、ほんとうにいるのかな? いないのかな? でも毎年プレゼントくれるしな~・・・」

 

パパ「サンタクロースはいるさ! でもな、プレゼントをもらえるのは子どもだけなんだよ。お前は今年と、来年もらったらそれが最後だ。中学生になったらもらえないんだぞ。」

「でも、妹はまだまだもらえるからな。それじゃお前が可哀そうだから、中学生になったらサンタの代わりにパパがプレゼントをやるよ!」

 

兄「やった~!!」

f:id:hazukiken:20181212171216j:plain

なんて気の利いたパパなんでしょう。

子どもの気持ちを大切にしながら、スムーズにサンタさんを卒業できそうな説明です。

 

我が家も将来は、このセリフを使おう!

サンタはパパなので、話のつじつまが合いますよね!

 

それまでは、サンタさんには電話の向こうにいてもらおうと思います。

メリークリスマス☆彡

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ