春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

お年玉でお金の勉強

~お小遣い制に良さそうなアプリ3選~

6歳の娘がお年玉でお買い物をしたらとてもよい勉強になったので、今年はお小遣い制にしようと思った話です。

お年玉で買ったもの

娘がもらったお年玉は、お札でした。

どうも価値がわからないようなので、100円玉でも、もらいました。

f:id:hazukiken:20190102163651j:plain

これを持って、さっそくトイザラスへ!

f:id:hazukiken:20190102163821j:plain

同じようにお年玉袋を握りしめた子どもがたくさん来ていました。

棚がずいぶん空いていたので、トイザラス、日本はまだまだ人気があるようです。お年玉は現金だから、ネットよりお店ですしね。

 

さて、いろいろと迷って娘が決めたのはこちら↓

f:id:hazukiken:20190102164042j:plain

大好きな「マイリトルポニー」のメイクバック☆彡

マニキュアとリップグロスが入っています。6歳女児、メイクに興味津々ですよ。

 

娘が自分で選ぶと、こうしたキラキラしたキャラクターグッツになります。

親が見ると、楽しそうだし可愛いけど、それだけです。

でもお年玉なので娘が好きな品を選べば良い。と思って口を出すのは我慢。

 

しかし幸いなことにお金がまだ残っていたので、もうひとつはボードゲームの中から選ばせました。

長く遊べる知育玩具を選んで欲しい。という親の気持ちが捨てきれませんでした~。

f:id:hazukiken:20190102164624j:plain

「しろくまパニック」という4歳から楽しめるもの。

療育でも使われているので、知育要素はお墨付き!

f:id:hazukiken:20190102164817j:plain

ハンマーで氷のブロックをたたいて落とし、最後までしろくまを落とさなかった人が勝ち。

わかりやすいルールと、ブロックが音を立てて落ちていくのが楽しいです。

 

お年玉が入った袋は空っぽになり、「お金がなくなっちゃったよ~」と嘆いていました。

この娘の姿を見て、思いつきました。

 

普段はママのお財布から、お金はいくらでも出てくるように思っているので、

今年は小学生になるし、お小遣いをあげてみよう!と。

 

昔のような駄菓子屋さんはないので、おやつはコンビニで買うことになりそうですが、お財布の中が空になったらおしまい。という経験は、身に染みて金銭感覚が身に付くでしょう。

 

お手伝いアプリ3選

そこで、お小遣い制にするのなら、お手伝いをしたらお小遣いをもらえるようにしよう思います。

 

そうするのに便利なアプリがあるようなので、3つご紹介します。

 

①てつだって!

予め設定したお手伝いの種類に合わせてポイントが貯まります。

 

②おてつだいプリンセス!

お手伝いをして、ドレスや魔法のケーキを集めます。

 

③クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦

しんちゃんがお手伝いの楽しさを教えてくれます。

 

ポイントやドレスをゲットしたら、それに合わせた金額のお小遣いをあげると良さそう。

 

便利な時代ですね!娘が楽しくお手伝いして、自分のお金でお買い物ができる方法を模索中です。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ