春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

娘に教えられた、シェアする気持ち

~育児から学ぶことは広い~

週末に児童館へ遊びに行った時の出来事です。

 

私と娘の二人で向かうと、駐車場で同じクラスのトモ君に出会いました。

トモ君もお母さんと、そして弟くんも一緒でした。

 

普段から園でも仲良くしているので、そのままその日は一緒に遊びました。

お互いにお昼ご飯を持参していたので、ランチタイムには同じテーブルへ。

 

私たちはパン屋さんで買ってきたお惣菜パンと、ブトウを小さなパックに入れて持参していました。

f:id:hazukiken:20190118101255j:plain

皮ごと食べられる輸入ブドウを、私と娘の分を少量持っていました。

 

私はお裾分けするほどの量もないので、自分と娘の間にそのパックを、蓋を開けて置きました。

すると娘がすぐに、

 

「これ、まぁちゃんのブドウ、食べる?」と言って、みんなの真ん中へ差し出しました。

 

トモ君も弟くんもブドウは大好きのようで、ひとり2~3粒しかありませんでしたが、嬉しそうに食べてくれました。

 

私、なんだか自分が恥ずかしくなりました。

少ししかないとか、見栄っ張り・・・

 

それより、「これしかないけど良かったら一緒に食べよう。」と、サラッと言える娘の方が人間力が高いと思います。

 

こういう何気ない言動に、心根は現れます。

親バカですが、娘の心の白さに感心しつつ、自分の汚れに気づいた週末でした。

f:id:hazukiken:20190115140902j:plain

子どもの純粋なシェアする気持ちを、見習おうと思います。

育児の中で学ぶことは、計り知れませんね。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ