春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

作って楽しむ、ひな人形

~工作でお雛さまを作ってみよう♪~

娘と一緒にお雛さまを飾りました。すると、「おひなさま、つくりたい!」と言い出したので、家にあるもので作ってみました。

f:id:hazukiken:20190224180023j:plain

☆材料

・トイレットペーパーの芯、3本

・和柄の折り紙4枚

・普通の折り紙、3枚(肌色・黒・紫)

・髪飾り、1個

・ダンボール片

 

☆作成時間:1~2時間

f:id:hazukiken:20190224180250j:plain

☆作り方

①胴体部分作り。

折り紙1枚で、トイレットペーパーの芯1本を包めます。折り紙は同じ柄の青と赤を使いました。

コツ: 折り紙を丸めてクシャクシャにしてから貼ると、衣服らしくなります。

 

②顔作り。

トイレットペーパーの芯1本で2人分作れます。半分に切ったら、円の直径をひと回り小さくするために縦にまっすぐ切り離して、そこを少し重ねてホチキスで止めます。そして、肌色の折り紙を半分に切って、包みます。

コツ: 胴体に付ける時に、少し上を向いている角度で付けると表情が出ます。

 

③髪作り。

黒い折り紙を幅4センチの帯に切ります。これがお内裏様用で、残りがお雛様用。顔の周りに巻いて、前髪に見えるようなラインでカットします。(お雛様はもう少し頬が隠れるようにするつもりでしたが、切りすぎてしまいました。)

f:id:hazukiken:20190224182104j:plain

④小物作り。

お二人の冠・お内裏様の手元の笏(しゃく)・お雛様の桧扇(ひおうぎ)を、折り紙を適当に折って貼ります。(お雛様の冠だけ、娘の髪飾りを付けたいというので、出来合いのものを使いました。)

 

⑤顔描き。

娘がサインペンで描きました。

 

⑥土台作り。

ダンボール片に、折り紙を貼ります。デザイン、色はお好みで。(お雛様の扇と同じ折り紙を使っています。)

 

以上で簡単に作れました♪ 

 

ひな祭りは女の子の成長を祝う日です。手先が器用になって工作が上手くなったことも、嬉しいです。

こういうのも、ひな祭りの楽しみ方のひとつかな。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ