春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

「ありがとう」は魔法の言葉

〜心の栄養〜

図書館で出会った本に、私の心に響く「ありがとう」について書かれた文がありました。

f:id:hazukiken:20190305142150j:image

「ふたつめのボールのようなことば。」

糸井 重里 

「ボームのようなことば。」の続編です。

以下、引用。

f:id:hazukiken:20190303175422j:plain

●「ありがとう」は、親しい者にも、親しくない者にでも言えます。それどころか、敵にさえも言えます。

そして、その「ありがとう」は、親しい者も、親しくない者も、敵も受け取れます。

 

受け取る「ありがとう」が欠乏すると、生きる張り合いが減っていくんじゃないでしょうか。

そして、差し出す「ありがとう」がなくなると、不機嫌が増加していくような気もします。

 

なんだろう、その魔法のようなことばは。

人間のこころの栄養素みたいですね。

 

また、次のことばも気にいっています。

●お世辞も含めて、面と向かって人にほめられたとき、どういう返事をしていいか、

「ありがとうございます。(そのおことばを)励みにします(にこっ)」だ。

 f:id:hazukiken:20190303180204j:plain

ピンクのガーベラの花言葉は「ありがとう」。
 

「ありがとう」ってきっと、だれにどれだけ言っても、自分は損することはなくて、

いつか自分に返ってくる。 

自分が「ありがとう」をたくさん言えたら、それだけたくさんの心の栄養が自分に返ってくるんだ!

この素敵なことばを、もっともっと言おうと思う。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ