春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

40代のパート選びは現実的

~やりたい仕事は人それぞれ

あたりまえの話です。でもつくづく思ったので書きます!

久しぶりに会ったママ友は、パートを始めていました。平日のみ15時までのお仕事だそうですが、その内容が重労働で驚きました。 

ピッキング(倉庫などで出荷前の商品を多く保管する場所で、伝票や指示書に沿って、該当する商品を選定する仕事)です。

 

扱う品物はネジなどの鉄物なのでたいへん重く、それを棚から出してキャスターが付いた板の上に置いて雑巾掛けの体勢で移動させるそうです。トラックが出入りする倉庫は冷房が効かないので、この猛暑では汗が目に入ってしまうほど。でも忙しいために汗を拭く余裕もないそうです。

 

私と同じ40代の主婦が、なんて過酷な環境下で重労働をこなしているのでしょう!!私が驚いていると、彼女はこう続けます。

 

「接客もノルマもないから、気楽でいいのよ。間違えずにやればいいんだから。」

 

私は更に驚きました!だって彼女はおしゃべりが大好きでとても社交的です。彼女のトークはいつも笑いが起こり、人が集まってきます。接客に向いていると思います。思っていました。

f:id:hazukiken:20190731173621j:plain

でもそう見える彼女は、その姿とはまったく違う一面を持っていて、見えていない性質が本来の彼女に近いのかもしれません。私は彼女に対する見方が大きく変わりました。

 

彼女の社交性は自己発信のみだったのです。相手の気持ちを汲み取る作業は好まないようです。たしかに聞き役に回っている姿はあまり見ません。

 

接客といっても販売ではなく飲食のサービスならノルマはありませんし、介護や福祉の仕事をパートで努めている人もたくさんいます。

でも彼女は、人によってやり方が違う仕事や、皆で協力する仕事は好まないのでしょう。

 

私はというと、冷暖房完備の室内で接客と事務仕事をしています。接客はもちろん常に他のスタッフとコミュニケーションを取る必要がありますが、それをストレスには感じません。

体力に自信がなく資格もないので、私にできる仕事は接客しかないと思っています。

 

40代にもなれば、自分がよりストレスなくやれる職種をわかっています。若いころの仕事の選び方とは違い、憧れや理想は二の次で現実的に選びます。

 

ママ友の彼女も自分のことよくわかっているからその仕事を選び、続けているのでしょう。

f:id:hazukiken:20190731173748j:plain

やりたい仕事は人それぞれ。

当たり前すぎることなんですけど、つくづく思いました。

 

なんでもできる必要はなくて、続けられることがひとつでもあれば、働いて生きていけるということですね。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ