春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

ひとつの詩で心が明るくなる

〜「ある日の 菜の花」〜

図書館の子供向けの棚で、とても素敵な詩集を見つけました。

f:id:hazukiken:20200212163047j:image

「地球パラダイス」

www.amazon.co.jp

風景やいきものたちが題材になり、春夏秋冬の流れでつづられた詩集です。

 

ひとつをご紹介します。

一足早く、春の訪れを感じてください。

f:id:hazukiken:20200212163338j:image

 

ある日の 菜の花

 

わ 金色だ まぶしいね

見わたすかぎり 菜の花

あっちもこっちも 菜の花

 

花のそばで モンシロチョウが おにごっこ

あっち こっち どっち?

葉っぱのうらで カマキリ ひるね

うとうと うとうと

根っこのそばで ミミズ かんがえちゅう

どっちにむかって トンネル掘ろうか

 

みんなに かこまれて くすぐったいと

菜の花が 笑ってゆれたら

モンシロチョウ つられて笑って飛びだす

カマキリ つられて目がさめ カマをふる

ミミズ つられてトンネル掘り開始

 

青い空と 金色の花のあいだを

風が おおまたで通りすぎて…

 

もうすぐ おひるです

f:id:hazukiken:20200212163338j:image

見開きにひとつの詩、

次のぺージに見開きで一枚の絵、

というぺージ構成もまた、心地よいのです。

 

毎日の暮らしは忙しく過ぎていきます。

ひとつの詩を読むのにかかる時間は1分です。

 

ちょっとブレイクしましょう♪

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ