春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

ADHDに効くゲーム

〜遊んで療育〜

たいへん興味深い記事を読みました。

www.newsweekjapan.jp

子どものADHD(注意欠陥多動性障害)の症状が軽減すると結論付けられたゲームがある。

というものです。

ゲームの名前は「エンデバーRx」。

 

以下、引用

円盤に乗った宇宙人を操作して氷や溶岩の上を飛び、障害物を避けながらアイテムを集めていく。

アキリ社によれば、脳の認知神経系統に働き掛ける効果があるという。


ある研究では、このゲームを1日25分間、週に5日、4週間にわたりプレーした子供のうち、

30%に「注意力に関する1つ以上の指標で、注意欠陥の兆候が見られなくなった」という。

 

効果はゲーム療法を受けた後、最長1カ月続いた。

よくある副作用は焦燥感や頭痛だったが、従来の投薬治療に比べて軽度だという。

f:id:hazukiken:20200710192629j:plain

ゲームで発達障害が緩和する?!

あなたは本当だと思いますか?

私は本当だと思います。

 

なぜかというと、

ゲームは集中しなければできません。

 

注意欠陥の子どもはひとつのことに思考を留めておけず、

あちらこちらへと気が散ります。

 

療育では集中力を養うトレーニングにボードゲームをしますから、

こうしたゲームで症状が緩和されるのも頷けます。

 

娘は軽度のADHDです。

忘れ物や無くし物は毎日のようにあり、家の中を探してばかりです。

 

出かけようとしてカバンを取りに2階へ上がると、

目の前にある本を読み始めてしまって玄関へ降りてきません。

 

そんな娘ですが、

マインクラフトにはまってからというもの、

 

宿題をする➡

明日の支度をする➡

マイクラをやる。

 

というように見通しを持って行動できるようになってきています。

www.hazukiken.work

マイクラはプログラミングの勉強になるそうなので、

物事を順序立てて考えるトレーニングになっているようです。

これもゲームによって苦手なことが改善されていると言えます。

 

話を戻しまして、

この「エンデバーRx」というゲームも、脳を効果的にトレーニングすることができるのだと思います。

 

ですから、

効果はゲーム療法を受けた後、最長1カ月続いた。

とあるように、

 

ADHDは脳の機能障害で病気ではないので治ることはありませんが、

トレーニングによって、それまでできなかったことができるようになる。

トレーニングをやめたら可動域は元に戻る。

ということだと思います。

 

続けることも大切になりますから、

遊びながらトレーニングができるのはすばらしいです。

「好きこそものの上手なれ」ですね。

 

ゲームには色々な種類がありますから、

発達障害のお子さんも、定型発達のお子さんも、

その子が苦手なことが改善されるようなゲームを選べたらいいですね。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ