春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

コロナ禍の災い

~正解がわからない~

新型コロナウィルスが流行ってから、

私は「コロナ禍」という言葉によって、

「禍(か)」という言い方を知りました。

 

「禍」は、不幸を引き起こす原因のことです。

「災い」は、不幸な出来事のこと。

 

コロナの発生が原因でもたらされる災いが、想像しきれないほど広く大きくあります。

 

島根県の学生寮で発生したクラスターのニュースも、生徒のメンタルが心配になる事案です。

f:id:hazukiken:20200810103437j:image

私の身近なところでは、やはり職場で取り扱う結婚式のキャンセルが、大きな災いです。

 

先日、再延期はできないという決断により開催したカップルもいました。

 

他にも色んなケースがあります。

 

今年の春から秋へ延期し、

再度、来年の春に再延期する。

 

今年の春から来年の春へ延期し、

今キャンセルを検討中。

 

来年の春に新たに予約したいが、

延期のカップルで予約がいっぱいで、

希望日に空きがない。

 

来年の秋に予約をしたいが、

家族からは検討することに反対の意見がある。

 

等々…

 

新郎新婦にとって結婚式は、

不要ではないのです。

不急でもなく、今の2人の新鮮な気持ちの時に挙式を挙げることに意味があります。

 

でも、それと命を引きかえにするのかと問われると、

話の方向がガラリと変わって平行線になります。

 

コロナの致死率は低いとは言え、

1人が感染しただけでも、

家族や職場にまで影響があることを思うと…

 

結婚式を挙げるのは、

我がままなのでしょうか?

諦めるのが、大人の対応なのでしょうか?

 

今日もお客様の相談をお受けします。

私自身も正解がわからないまま、

お2人のお気持ちを受け止めてるばかりです。

f:id:hazukiken:20200810102603j:image

ツバメの巣を見つけました。

2羽の親鳥が代わる代わる、

子どもにエサをあげています。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ