春風 夏陽 秋味 冬雪

脱キャリアウーマン、育児でしっぽり、ほっこりと♪

MENU

花火の思い出

〜夏の風物詩〜

子どもの頃の思い出のひとつに、

夏休みに庭でやる花火がとても楽しかった思い出があります。

 

なかなか陽が落ちないのがもどかしく、

花火を袋から出して待っていたものです。

 

火薬が包まれている紙に印刷された、ストライプや水玉の模様を眺めながら、

どんな色の花火が出るのかなぁ、

と想像してワクワクしていました。

 

やっと暗くなってきてロウソクに火が灯されると、

我先にと火をつけに行きます。

 

シュボッと火が付いて、

パチパチと火薬が飛ぶ音と共に眩い光が飛び散って、

シュシュシュシュっと流れ星のように光が次々と流れ飛んでいく。

f:id:hazukiken:20200820171931j:image

そんな子どもの頃の情景は今も変わらないですね。

 

大人になった今は、

娘とやるのが楽しみです。

 

それは子供の頃の楽しかった記憶を思い出すからでしょうか?

 

娘の嬉しそうな姿にかつての自分を見ているような気がします。

同時にその時の自分の父や母は、今の私の気持ちでいたんじゃないかと想像もします。

f:id:hazukiken:20200820172543j:image

娘が普段遊んでいることは、

プログラミングゲームのマインクラフトやYouTubeなどと、

私の子ども時代とは全く違います。

 

でも花火は、そんな現代っ子も大好きな、夏の風物詩です。

変わらない情景に心がほっこりします。

 

そして花火を全部やり終えた後、

燃えて黒く曲がった火薬を眺めながら、切ない余韻が残ります。

 

さっきまであんなにきれいだったのに…

 

この余韻も昔と変わりません。

f:id:hazukiken:20200821113646j:image

今年もまた、花火の余韻を家族と共有できました。

嬉しい夏です。

ポチっとしてもらえたら嬉しい♪ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ